FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな状況で・・・。

117_20121014210119.jpg

今に始まった事ではないが、今日本の建築業は、かなり危険な状況下にあるという。

大手ゼネコンなど大金の集まるところでは、入札さへクリアすれば自分達の取り分をゴッソリ抜いて、下請けに丸投げし、その下請けも更に下請けへと丸投げ、これでは実際に作業する人達の給料は労働と釣り合わない。
なぜなら、実際に作業も管理もろくにしない人間が、手数料と称し金だけ抜き取っているからだ。

では、なぜこんな、不釣り合いが起こるのか?

一番は、天下りで降臨した人間の力が大きい。
彼らは、自分の使える力を理解しているし、誰をどう使えば良いかを熟知しているので、天下り同士が連携を組むことで、自分達の利益を保持し、利益のバランスを取り合うことでけを生きがいに生きている。

だから、建物がどうなろうが関係ないし、作業員の報酬など全く考えていない。

更に、自らの利益を優先するので、作業者の事など全く考えないで、工程を決定させる。
自らの利益が多くなるように、工程を組ませ、先に自分達の利益を優先し、あまりを下請け業者に「これでやれ」と言う。
だから、実際に建物を建てる作業者達に回る金額は、労働に見合わない金額になる。
こうなれば、当然のように作業に支障が出てくるのは必然になるから以下のようになる。

下請けは金額が合わなければ、作業人数も少なくなる、工程が遅れる、作業工程に無理が生じる、工程の不備が見つかる、やり直すか隠ぺいする、工期が迫る、施工が雑になるが皆が見て見ぬふりとなる、見えない部分天井内や壁の中はグチャグチャに配管・配線となり、必要な点検などできない場所が、そこかしこにできるのが状態になっている。
だが見えることろだけは綺麗に収める。

と、これが、多くの建設現場の現状だと言う。

知り合いの働く建設現場では、現場の状況を把握できない大卒の監督に、現場作業を知らない上司が職人を見下しながら歩き回り、不備が起これば職人に泣きつき、事が収まればどこ吹く風らしい。

更に、追加工事の金もほとんど支払われない場合などざらだと、聞いた事もある。
事故も大抵は、無理な後期日数による過重労働によるものだったり、無理な状況下での作業の結果の場合もあると聞いた。

ここ数年は、そんな出来事のオンパレードなのに未だに、この時代の流れの変化に目をそらし続けると、今まで以上の罰が下るというのに、何の苦労も、大した労働もせず、ただただ自身に入る金と権力だけを気にかけているだけの人間に、なぜ金が集まるシステムを放置できるのかがなぞだ。



また、これらの不義をマスコミは話題になるかならないかで取り上げるかを決定する。
で、少し盛り上がれば、すぐに新しい話題を探し求め皆一斉にに飛びつくのも悪い癖だ。
だが、建築現場の現状を報道することはあまりないのは、どこかが圧力をかけているのだろう。


少し前に、天下りの問題が出て、少しは良くなるのか?と、期待してしまったが、結局はどこかに行ってしまい、いまだに天下りの政治家や官僚達に税金をむしり取られている。
もっと、天下りの実態を突き詰めて、この不道徳な状況を完全に暴露して、有無も言わさない証拠を突き付け、天下りシステムを無くさなければ、ギリシャのように破たんも夢ではなくなるだろう。
更に、先に書いた。公共事業での大手ゼネコンによる「お金の分配バランス」も、見直さなければ、これから先、日本の建物は欠陥だらけになと予測する。
なぜなら、建築現場は人材不足から人材育成に時間もお金もかけられないし、工期も短くあまりに過酷な現場が多く、現代の若者は賃金も労働と見合わないことから続く人がいない為、外国人労働者に頼ることになるからだ。
また、人間の質も落ちていて、丁寧に仕事を教える事が出来ず、乱暴に人を扱う為、人間関係の不調和が問題になっているそうだ。
まぁ、簡単に言うと、「大人のイジメ」だ。

この不の力は、立場の弱い人間に集中する。
すると、何でもかんでも、問題が起きれば彼らが攻撃の「的」となり、現場全体の空気が淀む。
本来なら、監督らがそういう状況を察知し、原因を見つけ出して、状況改善に努めるべきなのだが、そういうまともな考えを持った人間は少ないようだ。
また、元受と業者の癒着も有って、自分に都合の良い業者の作業を優先し、現場の進行に支障がでるのは茶飯事だと言う。

これが、全ての現場では無いと願いたいが、彼らのような人間のいる現場では、施工不備が多く日本人同士のトラブルも解決できない為、そこに外国人が加われば問題の悪化は避けられないだろうと聞いた。

更に、工具や資材の盗難が起こることがあり、現場ではセコムなどに防犯を頼むケースもあそうだ。

この問題は、4年後のオリンピック施設の建設に大きな影響が出ると予測される。

なぜなら、これらを仕切る人々の性質が性質だけに、なんでも自己利益から計画が進行していくことが、安易に予測されるからだ。

そして、問題が起こる度に、現場が止まり後期が短くなり、突貫工事で24時間労働を余儀なくされた挙句に、賃金未払いという下請け、孫請け、ひ孫請け業者が出てきて、華やかな舞台裏で倒産、失業というマスコミにも取り上げられない人為的被害の犠牲者が排出されることが無いように、祈るばかりである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。