FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前がやれ人間。

昨日は、久しぶりに呑み屋を二軒ハシゴ。

一軒目は、終始楽しい会話で、


二軒目は、一軒目の帰り道、Telで呼ばれた。

最初は、行くのをやめたいと思ったが、
話があるとの事だったので、何かに引き留められている気がしたのだが、
それをフリきって、指定の店へ・・・。

店は、田舎の昭和の香り漂うスナック。


で、結局、呼び出した彼から話は無く、ただ呼ばれただけだった。

昭和時代の曲を、カラオケで聞きながらビールからハイボールに変えた時、
話が税金や社会保険、年金の話になった。


彼は、自分より20歳ほど年上だが、彼は、自分が年金を貰うことは出来ないだろう切り出した。

私は、自分も、貰えないが、「納めることは、義務でなく、気持ちでしている」と彼に言うと、

「選挙に行ったか?」と彼。

「選びたい人がいないから、自分は行かない」と、私。


ここから、この国がいかに国民から集めたお金(税金他)を、なんの有難味も無く、
自分達権力者と組織の人間に都合よく使い込んでいるかとを、説明していると、

突然カウンターの端から


「なら、お前が政治家になれ!」


と、罵声が聞こえた。

自分は、この「なら、お前が政治家になれ!」と言う言葉が、一番嫌いだ。

何も考えていない人間ほど、自分で考えて、意思決定することを嫌う。
そして、自分の無知識(無意識)を棚に上げ、自分の知らない(知ろうとしない)ことを言われると、
内容など無視して、こう言い放つ「じゃぁ、お前がやれ!」。


で、本末転倒なこういう人種に、説明しても理解されないが、
この国の国民は、なにが正しくなにが間違いか理解できない人が相当いる。

国民が納めた税金や年金を、私的に使っている官僚や公務員が今だ横行している現状や、
天下りの政治家達に支払われる退職金は、莫大な金額になっていると報道されていても、
お前がやれ人間は、なにも気にならないらしい。

また、◎◎法人と銘打って、知らぬ間に作られる公務員の隠居先は、未だに後を絶たない。

で、この隠居先、仕事をするのではなく、国民の収めた税金を体裁良くかき集める機関・組織だと言うのに、
その実態がこれだけ明らかにされている昨今、今だ気付いていない人間がいることにビックリする。
で、あげく「お前がやれ人間」は、平気でこの腐敗した行政を自分の子供や孫達に託して死んでいこうと言うのである。

アンタは、多少は減ったが、我々が払っている年金を貰って、死んで終わりかもしれないが、
こんな人の心もたない政治家や公務員を、たっぷり残された方は、たまったものではない。


現代社会は、今、お互いをしっかり認識し合い、自分1人で生きているのではないんだと言う事を、
もう一度、教え直そうと懸命になっている人がいるのに、お前がやれ人間は平気でいる。

政治家にならなくても、国民1人1人が善的行動を理解し、団結することで変われるのに、
政治の話は難しい解らないなどと言って逃げている。


今まで政治は、一般人に解らない様な言葉を使って、難しく複雑にして、
各地域の権力者に体裁良くお金がながれるようにして子飼いにして、それら「子飼い」に群がr「おこぼれ」を貰って私腹を肥やそうと必死になっている人間達を、コントロールしてるだけなのだ。


本当は、何の効力も無い「権力」を、さも力を持っているように見せかけ人々をコントロールする為、金をちらつかせては、公共事業と称して意味の無い工事を繰り返してきた彼らは、ここにきてクリーンなイメージ戦略をとっているが、中身は微塵も変わっていないし、変える必要がない。
何故なら、「お前がやれ人間」がまだ沢山この国には残っているからだ。

この、「お前がやれ人間」がいる限り、誰が見ても聞いても「善」と思う意見も、本当にやめて欲しい「天下り」や意味不明団体解体も、国民が団結して、国家権力者達に突き付ければ、変える事ができるのに、「お前がやれ人間」が、非協力な行動に出るので阻止されてしまう。



本当に、この国の政府は、この「お前がやれ人間」の育成、教育に力を注ぎ、上手く育て上げてきた。
だから、政府n政策に対し多少のデモはあっても、テロにつながる事がない。
また、お互いを監視する日本人の気質も一役買っている。

更に。この「お前がやれ人間」は、真っ当なことを言えば、「キレイごと」だと、バカにする。
なぜ、善悪の区別がつかないのか?良いとは良いと、認める事がなぜ困難なのか?
本当に、理解に苦しむ。


そして、地方の町や村の「お前がやれ人間」は権力者に逆らわない様に教育されてきた。

この昭和より先n生まれた人間は、本当は無効力なカタチばかりの権力に弱い。

良民が団結すると、暴君を使って潰しにかかる、時代劇さながらの時代を生きてきた人達は、村での生き方を自分達の子供に教えた。

これは、「金持ちと権力者に逆らうな!」という水戸黄門の時代が続いている証拠だ。

だが、それでも、異端児は生まれ、金持ちと権力者に反発する者達は多い。

そして、更に効果的に国民をコントロールする為に考え出された、平成のゆとり教育。

この、ゆとり教育は、「自分でモノを考えない、考えさせない」が、目的である。
だから、このゆとり教育によって、国民を意のままに操ろうと言う政治家と官僚の策略は見事に開花している。

この「ゆとり教育」は、予想以上な成果を上げ過ぎているので、社会人になった若者は、
社会と自分の間にあるギャップに戸惑い、その若者達に翻弄される年寄りは更に戸惑っている。

お互いを理解しあえず、お互いに歩み寄れない両者の溝はアマゾン川くらい広く広大に広がっている。

この「不のギャップ」の被害を、ゆとり教育を開発した人間は、どう見ているのだろうか?



          この国、いや地球という星は、これからどうなって行くのか?


          人類は、何者になりたいのか?


          人としての基本を、今一度、思い出す時期では・・・・・?。



                  END
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ねこ。さん、コメントありがとうございます。

言論の自由、出る杭は抜かれてポイ。
確かにですね。

会社でも、正論を言えども、相反すれば反逆者です。

仕事より、己の保身が最優先。
自分の失態やズルさ隠して、他者批判は、茶飯事&朝飯前。

意見が、違えば「村八分」は、保身組の暗黙の優先事項。


世捨て人。

良い響きですが、「現実の今を生きねば!」と、エゴと紛糾しがら生きる毎日です。

が、やはり、こういう世だから「悟り」が開けると言うモノだと思って、生きて行こうと思う、今日この頃です(^_^;)

本当だ。本当だ、

言論の自由とはいえ、いうと、叩かれる。。
出る杭は打たれるというより、引っこ抜かれポイされる。
奥ゆかしい?なんだか、日本人は相反するものやら、絆と言いながらちょっとでも意見が違えば影では、反逆者扱い…

ちょっと意見違うと、村八分位の勢いにもなっちゃう。偏見が多すぎる…そして実態を知らない。

この負のループがうまく行き過ぎて、本当見えない力(闇)は、してやったりなんでしょうね。

スピリチュアルも行きすぎる人に出会うと強要が始まるから嫌ですが。でも精神世界の人がいるから、救われてる事もすごく多い。

世間体を気にしていらないニュースも見てしまう自分と、世捨て人になりたい自分のコントロールがとても難しいです。( ̄▽ ̄)
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。