FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛」と「不安」

         003_20120730082023.jpg



自分が発した波動(思考)は、必ず自分に戻ってくる。

不安な気持ちは、不安な波動を放つ人を引き寄せ。

不満を持てば、不満ばかり言う人を引きよせる。


これが「類は友を呼ぶ」です。

でも、自分自身が変われば、この「類友」も変わります。

だから、自分が、変わると相手が離れて行くか、自分から離れて行くような状況が現れます。
相手との付き合いに長く我慢していたり、何らかの違和感を感じながら付き合っていた場合、
相手の言葉と行動の「本質」が見えはじめ、相手の「思考」を感じる事が出来ます。

人は、「思考」→「言葉」→「行動」の順で動きます。

そして、元の思考が「愛」か「不安」のどちらかから発動しているかで、
その人の傾向が本質となって現れるのです。


愛から発動する思考は、純真無垢で計算がありません。
不安から発動する思考は、人をコントロールする事を主としている場合が多く、
一緒にいると「淋しい」とか「悲しい」気分になったりします。


また、自分自身の発している波動を理解していないと、
他者から何かを受けていると思い込んでしまい、自分の現状が理解できず困惑する事になります。


ですから、現状を創っている源(波動)は、実は自分だと気づくまで続きます。

人生・人間関係も、自分が放つ波動によって決っていきます。

だから、自分自身の波動(思考)を、観察し自分の意思でコントロールできるまで、
その現状を維持され、いくら、変えたくても、心の底から変えようと決心しなければ、
自分の波動に縛られたままになるんです。

波動=思考は、その人の生きた年数や、前世の記憶など潜在的な記憶を源にしています。
前世の記憶は難しいけど、今生の自分の生き方、考え方の傾向は分析できるはずです。
でも、今生にも前世の記憶は少なからず影響しています。

自分の「思考」→「言葉」→「行動」のこれら三つを観察し、
更に、思考を支配しているモノが「愛」か「不安」かを見定める必要があります。

自分の人生に不満を抱くのは、自分自身に不満を言うのと同じです。
裕福でも貧しくても、その人の思考が人生を決めます。

例えば、裕福な人でも「不安」を「思考」の中に抱えていれば、
一般的な家庭より多くを所有をしていても、それらを失うかもしれないという「不安」が心を満たし、
欲張りで常に損得勘定でしか物事を考えられないようになります。

逆に、貧しく所有している物は少なくても、人々と分かち合うこと知っている人々がいます。
これは、足りないと言う概念が無く、全てのモノは皆で分かち合うことの「価値」を知っているからです。

また、このモノに対する価値観は、人間関係にも影響します。

家族だろうと、兄弟姉妹、知人友人、仕事関係にいたるまで、全ての人間関係も、
「愛」と「不安」とでは雲泥の差となります。

人間関係でも愛は相手を優しく包み大切にしますが、不安は抱え込み相手を所有します。
愛は、自由な関係でいますが、不安は、規制や監視という視点で人を観ます。
愛は、損得の無い関係ですが、不安は、損得(損益)がもっとも重要になります。


では、どうすれば自分の波動を感じる事が出来るのか?

まずは、内観し心の奥底へと入る「瞑想」があります。

次に、他者から自分の波動を感じる方法があります。
これは、相手から感じる事を、感情を入れずに観察し分析します。
かなり高度な感じですが、人は相手の波動を無意識に感じ取っていますから、
意識して感じるようにすれば半年~3年くらいで感じとれるようになります。

で、この方法は、相手の思考か自分の思考か、分けなくてはなりません。
人は、他人といると相手の波動に染まる傾向があります。
これは、自分で考えるより相手に染まる方が楽だと感じるからで、
自我の強さで別れます。
だから、自分より自我の強い人といると、その人に染まり。
自分の方が、自我が強ければ、相手を支配する傾向が強まります。

で、相手から離れた時に、思考がどう変化するかを感じてみます。
まずは、「ほっと」するとか「まだ一緒にいたい」と思うかという簡単な事から始めると良いです。

また、複数でいる場合ですが、複数の場合は役割が分担されますから、
自分がどんな役割を当てられているか、
それを振り分けているのは誰かが、そのグループのリーダーとなり、
そのグループの「傾向」を読み取ることができます。

で、そのグループが「愛派」か「不安派」かを見極めれば良いんです。



兎に角、自身の思考の根源を理解しなければ、人生・人間関係を好転させることは出来ません。


       全ては「愛」か「不安」が鍵となります。


      
                 END
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます。

はなかおるさんへ


「諭されている」なんて、評価高過ぎです。

今まで犯してきた「無情」という人生のツケを、返す為のに必至です(-_-;)


自分は、まだまだ修行の身ですし、一歩進んで五歩さがる感じの歩みです。
そんな感じですんで「ホント、道は遠い」ですが、
                      他力と自力で、日々精進です。

では、誤字脱字の絶えないブログですが、ご愛顧頂き、ありがたく思っております。
               暖かいコメントと、お気遣いありがとうございました(^_^;)


No title

木霊さんへ

ごめんなさい。言葉が足りませんでした。叱られているではなく「諭されている」です。きつい感じではまったくなく、初めに感じたのは「とっても優しいな。ほっとするな。」でした。それから「ふん、ふん。あぁ、道は遠い」でしたから。。。
舌足らずでごめんなさいね。毎回、「ふん、ふん。あぁ、道は遠い。」と感じることが、私の小さな一歩だと思って、木霊さんのブログありがたく思っているのです。楽しみにしているんですよ。
これからもどうぞよろしく。

No title

はなかおるさん、木霊です。
コメントありがとうございます。

>優しく叱られている?

読み返してみると、確かにキツイ感じがします(反省-_-;)

で、このキツイ感情の原因は日々感じる人々の「損得感情」や「無情」への苛立ちが原因です。

人間関係に「損得勘定」が入ると本当に淋しく悲しぃ気持ちになります。

で。あまりにも理不尽で思いやりを知らない人々の多さにも、憤慨し奮闘してしまう自分の愚かさへの戒めでもあります(-_-;)


今生の自分の最大の課題は、感情(思考)のコントロールと解っているはずなのに、
どうしても見聞きするモノに過剰に反応してしまい「感情」をコントロールできない時があるので、反省の日々は絶えません(-_-;)

No title

毎回の冒頭にある巨樹。惹かれます。暖かくなったら訪れたいな。
木霊さんの文を読んでいると、優しく叱られている?感じがしてきます。どうもありがとうございます。
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。