FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛権?

719.jpg

集団的自衛権容認についてですが、自分的には、今まで通りの茶番劇だと思って観ています。

と言うのは、これに限らず、今までの政府は国民が反対しとしても、どんな法案も通してきたからです。

なぜなら、今回の人類は、支配する側、支配される側の分離主義が基盤となっているからです。

支配する側は、その時、その瞬間、したい事をする、出来るのが支配者だと思っているから。

国民が反対しようが、デモで対抗しようが、それに屈すれば支配者では無くなるからです。


これは、紀元前の数万年前から、この基盤は変わっていません。


支配者側は、支配を目的として生きる糧を得て生きています。
で、支配される側は、支配される事で生きられると受け入れてしまいました。

そして、なにが善で、なにが悪などと言うことは、表面的な議論で、本質に触れた事はありません。
だから、数千数万年経っても、「戦争」が無くならないのです。

で、今回の自衛権は、次の戦争への準備だと、観るのが自分の見解です。

国際社会になり、インターネットで全世界が繋がり、情報が簡単に手に入るようになり、多くの人々があらゆる情報を知ることが出来ますが、そこに真実が無くても、真実される情報も多く存在します。

そして、その改ざんされた情報の流れを、利用することも、支配者達は学びました。

それは、過去の戦争の反響を、先進国と言われる国々のトップと思い込んでいる人達は、どう使うかを模索しています。


特に戦争をしかけて、負けた時の代償の重さをです。

で、次に、戦争をする時は、全世界に自分達の国は、こうこうこう言う理由で、こう言う法律を作り、それに則った上で戦いますと宣言することで、例え戦争で一時だけ降伏したり負けを認めたとしも、その後に相手国の不の道理を訴え、逆にその代償を請求できる為の備えをしているのだと思います。

実際に、いまでもそれを実行してる国もあります。

他国の領土を、自国の物とし、資源を我が物としようとする国のことは、先進国の人ならほとんど知らない人は居ないでしょうし、偽ブランドを平気で売りさばく国を知らない人もいません。
食べもに対しても、人体への影響を無視して、生産し輸出する国も有ります。
企業の技術の平気で盗みますね。

これは、奪われたり、有害な食料品を送られた国の国民や企業や従業員に重多大な損失を与えています。

で、その後にサイバー攻撃など、陰険な手段も平気でやってのけるのですから、ここで「楔」を打つ必要があると、先進国で表面的に友好関係にある国どうしは、威嚇する必要があると、考えるのだと思います。

日本は、集団的自衛権を作って、友好国との連合を表明して、アピールしていると言うのが、自分の見方です。



過去の支配者は、国民を無視し、国益と称して、自分の私腹を肥やす為に、戦争をしてきました。
この支配者には、政治家以上に、財閥(富豪)と呼ばれた人々の方がはるかに力を持っていた事を、殆どの人々のは、知らされていません。

そして、未だに、この人々によって、あらゆることが操作されています。

さらに、この図式は、国々だけでなく、会社という一見違う集団と思われるコミュ二ティーにも、影響を与えています。
企業戦争と言う少し古い言葉に感じますが、未だにこの戦争は続いていて、自社(己の利)の利益しか考えられないトップのいる会社は、平気で社員を路頭に迷わせていますし、
社内でも、自分だけは生き残ろうと、奮闘する人々が、会社を居心地の悪い場所にしています。

しかし、なぜこうなのか?
それは、人に不安を与えることが、支配する側に有利に働く事を、彼らは知っているからです。

金や雀の涙ほどの権力を与えて操作したり、神や仏を使い人々を支配して、それでも言う事を聞かない人々は殺害し、見せしめにして人々に恐怖を与えて操作してきました。

と、こういう書き方をすると、オカルトのように聞こえるかもしれませんが、これは紛れもない事実で真実です。

多くの人々は、物事の真実を観ようとしません。
なぜなら、真実を知ると、自分に責任が発生するからです。
今まで、正論を唱えて、報われなかった人々を、沢山見た来た人々は、善悪の基準は自分の利益を基準に選択しています。

でも、悪い事は分かっています、もちろん正しいことも理解しています。
ただ、権力に対抗して、打ちのめされた時の代償を知っているから、「見ざる言わざる聞かざる」がベストと本能的に考えてしまうのです。

これは、全ての人々のDNAに記憶されています。
だから、世界が平和だったことが無いのです。

でも、つかの間の平和は、感じる事が出来ます。
そらは、これらの事と柄と切離れている瞬間です。
何かに夢中になってる時だけは、混沌とした世界から解放され、本当の幸せに触れることが出来ます。

ただし、それに気が付いている人は、極々少数ですが、彼ら(彼女)だけが支配者の天敵です。
この今は少数ですが、増えつつあるのが、今の時代です。

支配者と戦わずして、勝利できるのは、彼らだけです。

なぜなら、彼達は支配者たちと精神的に繋がっていないからです。

彼らの考え、言葉、行動に一切反応しない事、それだけが唯一の武器です。

欲しいと言われれば与え、全てを差し出せる欲の無い精神が、最強の武器であると知る人は、本当に強い人だと、歴史も証明してきました。
でも、彼らは、それを言ません。
なぜなら、これらを理解できる人にしかこの武器は使えないからです。

本当の力に、お金や権力や物質は、関係無いんです。

なぜなら、それを信じている人(信じ込まされた)にか通用しないからです。

だから、子供や今でもジャングルや秘境に住むと言う部族には、契約書などただの紙です。

でも、大人になるにつれ、これらを常識と教えこませれば、契約に縛られます。

部族には、電気を与え、古い家電を与え、文明の力を見せることで無欲から切り離せます。

そして、部族の若者たちは、自然への崇拝は薄忘れ、文明社会に心奪われ、物欲に飲み込まれ、安い賃金で支配されるんです。



ただし、この様な時代は、もう長くは続きません。
近い未来に、これらを一掃する出来事が、起こります。


なぜなら、今、人々の精神は、崩壊寸前です。

自衛権の問題も、尖閣の問題も、その他世界中で起きている社会的な問題も、今まで考えられなかった様な身勝手な事件も全て予兆です。

全てが、明らかにされる世の中が来る前兆として、人間の精神に「不安」が充満し溢れているのは、意識への変革を助長しているのだと思います。

善悪の判断を無くして、真の自分を理解し、善だけを自然に選択できる為に、不安と言う負の感情を真剣に味わい、不要な感情だと理解し、手放す為のプロセスを通っているのだと思います。

自分の考えから言葉に出し、行動した結果を見た時、なぜ?と言う、「問」に気付くよう仕向けている「何か」が有ります。

この「何か」が、人の心の中で、働きかけています。



でも、この「何か」を、全人類が理解するには、人類はもう一度大きな痛みを味わなければ、解らないかもしれないのかな?と感じます。

できれば、避けたい痛みではありますが・・・。











人の思いやること知り、人の優しさを感じ感謝し、有るモノ全てを分かち合える事を、喜びだと感じられれば、戦争など本当に無意味なことだと感じられるのに・・・。




スポンサーサイト

変化とは。

364.jpg


悩みとは、何とかしたい、変わりたい、変化したい!と言う合図だ。

悩みのレベル(種類?)にもよるが、人生に対しての悩みは、覚醒への扉だ。

「今。何のために生きているのだろう?」

と言う事は、今と言う今生、人生に真剣に向き合っている姿勢だ。

日々の出来事を真剣に捉える姿勢が、人生を劇的に変える鍵になる。

全ての出来事は、自分の思考から発せられる、感情や思考と言う目に見ない波動は織りなす現実であり、
他者が介入していると言うのは、思い込みだから。

一見、介入しているかのように感じるのは、そう思い込みたいと言う幻想で、真剣に出来事に向き合うと、その幻想は溶けてなくなる。

特に、不の出来事に対しては、顕著な変化をもたらす。

不の出来事に対し、感情を抜きに向き合い、最善だと思う考えで言葉を発し、行動に移すことで、この変化を体感、体験できる。

特に損得勘定と言う、不の根源的考えを、放棄して自分と向き合う姿勢が、これを可能にする。

損得を無視して、相手を思いやる言葉や文字には、強烈なエネルギーがあり、劇的な変化へと繋がるが、
この強烈なエネルギーは、人や出来事を操作するようなチンケなエネルギーでは無いと言うことを、理解していないと、負の連鎖が始まる。

人生とは、個々に与えられた、素晴らしい体験を意味するもので、人に自慢したり、羨ましがられるようなモノは本当の人生ではない。

だが、自分が心地よいと思う物(物質)や出来事を手にしたり、手に入れる事を体験する事が悪いと言う事ではない。

この違いを、しっかり認識していれば、今と言う現状が一変する。

目標、目的に、明確な確信がもたらされ、それは素晴らしい道しるべと変わる。

自分と他人の隔てが無くなり、視野が広がった瞬間、悩みに助けられたと気付くかもしれない。

悩んでいたのは、この為だと感じる場合もある。

人生は、自分のした行為によって引き寄せられたモノの集合体だから、違うと感じた感覚、出来事を一つ一つ検証して、「今」に適応していく必要がある。

なぜ人生が変わらないかは、ここを理解していないからだ。

また、多くの人と出会い知り合い知り合うことは素晴らしい事だが、それは変化では無。
また。場所、職場などを変えることも、変化では無い。

自分の意識を変えることが、本当の変化だ。

相手を変えようとか、状況、場所を変えることが、変化では無い。

が、時と場合によっては、有効な時もあるが、変化と言うより、プロセスの変更に留まるだろう。

変化とは、意識の覚醒であり、それは「悩む」と言う一見マイナスと思われやすいポジティブな意識が生み出す調和であり真実への導きだから。




プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。