FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い込んだら」

099_2014050406515269d.jpg


「思い込んだら」の強い人は、現状と理想のギャップが大きくなると、思考が過剰に働きだして現状と理想のギャップを埋める為に色々想像して、一人で思い悩んで、人によっては自滅行為に走る場合もあります。

で、こういう人は、この「不の思考」の創り出す妄想を確実に捉え、認識して過大妄想の中に入り込まない、取り込まれないようにすることが大切です。

で、意外と単純な方法で、この不のエネルギーを防御できます。
それは、その人の事を考えないだけです、一緒にいても必要事項だけに集中し、それ以外は干渉しないようにします。
すると、相手と自分を繋ぐ気の流れが変わり、相手から送られてきた気が自分を素通りますから、相手のイライラを受けなくてすみます。

これは現状(人生)に対しても同じで、現状への不満が不のエネルギーの根源ですから、不満に執着している自分に気付くように心がけて、それに気付いたらそこから離れるようにします。
呼吸に集中して、数秒間でも思考を止めると、冷静な自分が目を覚まします。

「無」の状態での精神の「強さ」は、状況や人(人の放つ波動)、出来事に左右されないでいられるといことですから、真の強さだと思います。

さらに人や物や自然に何の害も加えません。

例えば、スポーツ選手などトップアスリートなどを、精神が強い人と言って称賛しますが、勝者がいて敗者がいる世界ですから、敗者側の精神のストレスは相当なモノです。
そして、勝者は敗者から強いプレッシャーを受けながら、戦い続ける訳ですから、選手生命が短いのも当然と言えるでしょう。

これは、会社でも同じで、出世に固執した者同士の戦いは、アスリートと同様に精神と身体を蝕んで、足の引っ張り合いに汚職など会社に不利益な状況を生み出し、そのツケを自殺で精算する場合もあるほどです。


これを、自分の人生(現状)に対して行えば、どうなるでしょう?
自分で自分の足を引っ張るなど想像出る人は少ないので、最悪と思える出来事が連続的に起きているように感じて、その矛先を他者に向ければ、不の連鎖の始まりです。

ですから、自分の言いたい「強い精神」とは、アスリートとか勝ち組サラリーマン、権力者、芸能人・・・など、社会的地位の高いと言われる人々の「精神の強さ」とは違うと言う事です。

けして地位が高い人とアスリートや芸能人が良くないと言うのではないのです。(今の権力者と言われる人々は?ですが)

ただ、精神の強い普通の人々もいると言うか、普段一緒に生活してる中でも学べる人々はいるし、ベストセラーの本以外にも良い本は有ると言いたいだけです。



精神の修行に、瞑想は欠かせないモノだと思います。

でも、瞑想は難しいと思う人が多く、中々実践できないようです。

でも、瞑想は普段何気なくしている場合もあります。

目の前のことに集中している時、周りが気にならなくなる事は無いでしょうか?
で、この時、時間の進むスピードが速く感じたりしませんか?
「それ」が、完璧な瞑想状態と同じになります。
で、この状態を、造り出すために、「作務衣」と言う修行法が生まれました。
掃除や炊事など、日々の生活の作業に集中する修行です。
ただ、足を組んで目を閉じるだけが瞑想のスタイルではないのです。



で、精神を強くすると言うのは、いかに「無」の状態を維持できるかだと思います。

呼吸を整え気持ちを落ち着け、自分自身をよく観察することが重要だと、マスター達はいつの時代も言い続けてきたのだと思います。

浮んだ考えを観察し、言葉に注意をはらい、行動は慎重に行うという、一見めんどくさいと思える作業は、落ち着きのある人特有のモノだと思います。

これは演技できないほど、洗練されていますので、偽者はすぐにボロを出します。

なぜなら、考え方、言葉の使い方、行動に矛盾が見えてくるからです。

話は、もどりますが、心と身体は密接と先に書きましたが、心(思考)の放ったモノが身体に到着するには、時間がかかります。
そして、症状がでるまでに蓄積もされますので、症状が出るのは数か月後とか数年後に出る場合もあるので、なにが原因か探るのは困難です。
でも、自分の心の傾向を知る事ができれば、改善は容易です。

まずは、自分の心に耳を傾けて、よく心の声を聞くことが必要です。

必要な考えと、不要な考えを選別し、その時の最善を選択していこうと思えば、人生は必ず導きとなるヒントを与えてくれます。
でも、自己中心で利己的な考えしかできなければ、不の貯金を人生にし続けるわけですから、人生は厳しい結果を突き付けて来るでしょう。


と、なんだか解ったように書いていますが、毎日は利己的な自分と葛藤しながら反省の毎日です。
自分を観察しつつ、現状を受け入れ、物事に優劣をつけないで、選択は常に愛からなんて、中々できるものではありません。


それにしても、佛陀やキリスト、荘子、孔子、空海のようなマスター達や名もなきマスター達は、本当にすごいと思う。

欲を一掃した精神とは、いったいどんなモノなのか?

ほんの少しでも良いから体験したいものだ。



                   
788.jpg
スポンサーサイト

地球の想い。

DSCF3990.jpg

人生は、面白い。


目の前に現われる人々は、自分に足りないモノ。
今生に必要な試練や問題を、突き付けてくる。


今生の生き方を、嫌っている限り、これは永遠に続くのだろうか?


と言う、疑問は絶えないが・・・


多分、続くのだろう。


本当に、ありがたい事だが、この過酷な状況を生み出しているのが、
自分自身だと言う事を、認識するのに、この人生では、短いような気がする。




愛とか、思いやりと言う言葉の持つ力は、真の自分自身を認識しない限り、
理解できないのかもしれないと、強く感じる。



人の意識は、地球の想いに影響を受けると言う人もいるが、ここ数年は、それを強く感じる。




人の意識に、強い作用のある何かが、動き出したのだろうか・・・?
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。