FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不運・不幸の正体

                 
241.jpg



不運・不幸の正体は、思考が過去の記憶から創り出す妄想・想像に過ぎない。

そもそも、幸運とか不運を決める基準は曖昧で、個人個人で捉え方や解釈が異なり、
人れぞれ幸運と不運の判断基準が違う。

更に、人は他人の判断基準を自分の判断基準と比べ、
6割りくらいの人は、多数の人の判断基準を採用し自分の判断基準とする。

これは、他人と自分が違う事に対する不安や恐怖が引き起こす、
もっともしてはいけない行為だ。
と、言うのは、この多数の判断は、国や人種でモラルの判断基準が変わり、
真実の良心的基準から人々を切り離す場合があるからだ。

例を言うと、自分の基準と違っても、人間の上下関係(パワーバランス)の間で、
歪んで道徳的でない基準を採用することもある。

現実の例では、「非人道的な国」存在し国民の貧困より軍事費と自己の資産を、
大切にしてる人種がいる事で証明されている。



では、話を不運・不幸は妄想だという話に戻そう。

まず、不運・不幸は、自己責任の逃避の場合が多く、
たいがい、自分の思いどうりにならない事への文句に過ぎない。

何故なら、親子間夫婦間の問題で仲が悪く、いるだけで喧嘩してしまう人達は、
お互いの自己主張が強く他者への思いやりが無いなことに気付いていない。

お金に困っている人のほとんどは、ギャンブルやショッピングなど、
自分の収入に見合わない無駄遣いを無視している。

その他、物事への過剰な執着は、もっとも注意したほうが良い。

だから、まずは、自己分析、自己観察(内観)して、自分自身を知ることから始めると良い。
で、次に感情的なモノを無くした眼(心)で「他者観察」をして、自分と相手の違いに気付けるようにしてみると、新たな発見が出来るかもしれない。

これには、瞑想や心の動きに関する本が役立つし、重要なヒントも多い。
仏経などの講和本も良い。

が、「宗教団体」のモノでない「真の仏教講和」などが好ましい。

少し、説明すると、「仏教」と「宗教」は全く別物だからだ。

仏教は=仏(悟った者・賢者)の教えで、口頭伝授がほとんどで、
これはダメ、あれはダメだのこうしろ、ああしろ、お布施や物品を欲しがらない。
更に、人類の平和を永遠に、無償で祈ってくれている。

で。宗教は、「仏達の真理」を独自モノとし、人を集める団体。

更に言えば、同じ「仏」の真理から始まったはずなのに、他の団体と競い、こっちが正しいお前達は違うとか、
信者の数を競ったりと言うレベルの低い団体や、人々を世俗的で傲慢な真理に取り込みコントロールする最悪な団体まで存在する。
そして、更には金銭・物品など「欲」にまみれた指導者も時々見かける。
だから、自己判断基準を厳しく観察・監督していないと、こういう人々に取り込まれていしまうので、気を付けよう。
そして、こういう歪んだ団体の信者は、心が弱っている人をターゲットにする。
これは自分自身が過去に経験しているので、解るのだ。
で、解るのに心をコントロールされると、他者を引き込み巻き込み、更なる不運と不幸を引き寄せるのだ。



と、話は、不幸の正体へもどそう・・・(^_^;)


で。不幸や不運だと言う人ほど、自己責任に対する認識が薄く、
全て自分の思いどうりに事が運ばないと気が済まない人が多い。

不幸や不運だと思えば思うほど、不幸の「不」の波動=マイナスエネルギーを引き寄せる。

例えば、不運な出来事がおきた時に、いつまでも、その出来事を思い出して悩んでいれば、
その不運な出来事と類似した「不」の波動を引き寄せ、更なる不運と思い込みたくなる出来事を呼び寄せる。

と言うのは、全ての波動は似たエネルギーを引き寄せるからだ。

これは、度々書いている「類は友を呼ぶ」又は「類は類」という性質上しかたがない。


だから、「批評批判」をすれば、「批評批判」好きが集まり、愚痴れば、愚痴好きが自然に集まり、
自分の不運を人に言えば、更なる不運を引き寄せることになる。

また、人は無意識に他人の波動を感知してしまう能力を持っているので、
不運と思い込んで、クヨクヨしている人と関係を持てば、その人の波動を取り込むことになる。

これには、感度の強弱はれど、基本的に人は皆、波動感知能力をもっているので、
多かれ少なか確実に影響が出てくる。

だから、感度の良い人(感の強い)は、自分の意に反した出来事が目の前に現れると、
困惑し混乱してしまい、「この出来事はいったいどこから来たのか?」と、
他に原因を求めるが、実は自分自身が招きこんでいると言う事に気づかない限り、
招かざる不の出来事から解放されることは無い。


また。人の波動(思考)に左右される傾向が強く、
ポジティブで心地の良い波動の人と繋がれば良いのだが、
ネガティブな波動の人と繋がってしまうと不運な出来事が起こりやすくなる。(引き込まれやすくなる)

と言うのは、ネガティブな波動に飲み込まれると、
自分自身の波動がネガティブになり、そのマイナスな波動を発信してしまうからだ。


例えば、先に書いた「批評批判」などを、人と話すだけで、
この連鎖は始まり、発信源の人を経由し自分が中継点となり更に人を集めたり、
出来事を引き寄せる。


では、この不連鎖を止めるにはどうすればいいのか。

簡単なのは、ネガティブな波動を発する人との繋がりを切るのが一番手っ取り早い。

一番良いのは、会わないようにするのが一番だが、
仕事場などでは難しい場合が多いので、
もし、どうしても話さなければならない時は、相手の会話に「同意」しないようにする。

例えば、他人の批評や愚痴を聞かされた時は。

「そういう人もいるんですかぁ~。」と言うように、「否定」も「肯定」しないようにして、
「そうそう、自分もそう思います。」と「同意」し話を合わせないようにするればいい。
これだけで、不の波動の影響が小さくなり、その後、会話をポジティブなモノに切り換えて行けば、
その場のエネルギーを変える事ができるが、これがナカナカ難しい。

また、ネガティブな事を、頭で考えても、不の波動を発信してしまう。
心で思い描いた事は、その時点でエネルギーとなり、その人のオーラに流れ出す。

例えば、人を頭の中で批判すれば、批判の度合いに見合ったマイナスエネルギーが、
オーラに流れて、周りにいる人に伝わり、その後、送り出したマイナスエネルギーが自分に戻って来る。

で。この戻ってきたエネルギーが「不幸」な出来事の引き金となる。



では、なぜ不運とか不幸になるような行動を人はとるのか?


その理由のほとんどは、「不安」や「恐れ」が元になっている。


特に、他人の言葉や態度に過敏な反応をしてしまう人ほど、
この二つを元に「不の物語」を想像するのが好きだ。

「ああなったら嫌だ。」「こうなったらどうしよう。」などと言う不幸まっしぐらな考えをループさせている。

だから、実際は自分自身で不幸を招き入れる準備をしていると言ういことだ。

で、信じられないかもしれないが、こういう人は、実は「不幸」が大好きなのだ。

なぜかと言うと、不運や不幸を知らず知らずに自分に必要なアイテムだと勘違いしているからで、
不運・不幸を心底、愛しているからである。

また、こう言う人は、「被害者意識」とも仲が良く、自分を小さく弱くすることで、
他者を「悪者」として「ゆがんだ自己防衛本能」へと変化せていく。

で。この「ゆがんだ自己防衛本能」が思考を支配すると、
全ての出来事を、ゆがんだ解釈で見るようになり、
他人の言葉の真意を聞けず、自分勝手な解釈で読み取り行動して、人間関係を悪化させていく。


だから、まず自分は不運でも不幸でも無い事に気付くことが、
幸せになる唯一の道だと思う。

まずは、心を平和で静かで、清らかな状況にしてみよう、不の連鎖は終息していくことに気付くと思う。

もちろん、意識を平和に保つには、時間はかかる。
これは、執着と言うエゴのもつ習性だが、これも訓練次第でコントロールできるようになるし、
不運や不幸を、意識を変えるチャンスだと思えば、変化に加速度が増す。

そう。人間には、自分自身で人生の問題を解決出来るだけの力はちゃんと備わっている。

だから、この方法を知るには「真実を見ようとする眼」と「純粋に愛から考え、行動する」と言う事を、
意識的に知ろうとする精神を育てようと決心することだ。


                      END
スポンサーサイト

 「当たり前」のこと・・・。

                  057.jpg


人は、自分の中の「当たり前」は、他人も「当たり前」と思い込んでるいる事が多い。

「普通は・・・」と言う、言葉を連発する人が多いのもこの為だと思う。

確かに「普通」「常識」「道徳的」なことは有ると思うが、
全ての人が、この「普通」「常識」「道徳的」な事を毎日・毎時・毎分・毎秒と行っているかと言えばそうではない。

ちょっとした事なら、目をつぶって見逃したり、見て見ぬふりをしている事は意外と多いし、
これはしてはいけないと分かっていても、人がいなければ実行していたり、
不道徳な事や、仕事上のルール違反など、
上司だから言えない、仲が良いから言わない、と言うように「しがらみ」に流されていることも事実だ。



また、自分の「良い」と思う事が、全てにおいて良いと思い込んでいる人も多く。
これは、「普通」「常識」「道徳的」から外れていても、自分自身が「良い」と思い込んでいるので、
周りを無視して「良い」と判断される。

簡単に言うと「親切の押し売り」「お節介」いう自分は良かれと思い込んでいる言葉達が表していると思う。

しかし、これらの個人的な「良い事」は、他人から見れば「エゴイスティック」にしか感じない時も多々ある。


例えば、仲の良い友人に対し、勝手な判断で「これは、あの人なら解ってくれる」と思い込んで、
提案したが、あまり「良い反応」が返ってきたり、きっぱり否定されたことは、無いだろうか?


上司や同僚、部下など、自分が信頼し、信頼されていると思っている人から返ってくる、
この「否定的な反応」は、かなりショックだと思う。

で。この時こそ自分勝手な「当たり前」なのだと感じるチャンスなのだ。

だから、自分の考えを、全て「正しい」と、思い込んでいないか自分でチェックしていないとかなり危険な状態になる。


で。更に、これは、人間の「慣れ」と言うモノが引き起こす場合も多々ある。


人は、「慣れ親しむ」と、最初に気を使っていたレベルがドンドン曖昧になり、
どこまで、自分のワガママが許されるか意識的に試したり、無意識にしていたりする。
で。無意識なら相手もなんとなく苦笑いですますことができても、
意識的にやられると、その意図・真意は「波動」となって、しっかり相手に届く。

そして、その真意から感じる波動に対し、同等、同種の波動を送り返すし、
周りにいる人も、その波動を感じ取るので、二倍三倍になって自分に返ってくるのだ。

だから、思考するなら思いやりのある波動(思考)を送ることが肝心だ。

思いやりのある波動とは、愛から生まれた思考⇒言動⇒行動だ。

褒めるにしても、叱るにしても、「愛」を元として発っせられた波動は、喜びとして返ってくる。

真逆の「不安」や「怒り」「虚偽」から生まれた「褒め言葉」や「小言」「説教」に類は、否定的な波動となって返ってくるし、
この送られた「負の波動」は、その人を包み込んしまうので、周りの人は、その「負の波動」を、
無意識に感じることになるので、不快感を抱き「負の波動」を増幅し更なる不幸が舞い込んできて、

            「負の連鎖」が始まるので気を付けたい。


人は、身体の周りにオーラ体があり、そこに自分の波動(思考・思念)が転写される。
そして、思いが強ければ強いほど、オーラが広がって周りの人に伝わる。
また、その場にいない人にも、その波動は飛んでいく。
だから、感の良い人は、その影響を受けまいと、負の波動を放つ人から離れる(距離を置く)のである。


でも、人が離れたからと言って、自分が「負の波動」を、放っているとは限らない。

その場の人々と波動が合わなければ、人は良い悪いなど関係なく離れて行く。

要は、自分が「愛」から思考しているか「不安」から思考しているか見極められれば良いことだから、
全体を見渡し、自分がどんな思考をしているか観察すれば良いだけの話である。

無理をして付き合う事が、良い人間関係にならないのは明白なのだから、
そのグル―プや団体の波動を把握して、「陰」なら受けない染まらないように気を付け、
「陽」なら更に愛を注いで気持ちの良い関係を造れば良いのだ。




だから。人生で起こる全ての出来事は、「自分に責任がある」と言う事なんです。



例え言葉に出さなくても、思考した事に比例したことが、自分自身に返ってくると認識できれば、
人を「恨んだり」自分の都合に合わないからと「怒る」と言う矛盾に気づけるはず。


全ての出来事に「裏」には、必ず原因が有り、その原因、発端は「自分自身」だと言う事に気づく事が、
人生を豊かで楽しく、思いどうりにしていく「鍵」になると思います。



                  
                       おしまい。


     初詣

今年の初詣は、豊川稲荷へ詣でることにしました。

午後6時に浜松を出て、豊川稲荷近くのコロナ温泉という所で、
清めの一風呂を浴びつつ一杯。

11時半に豊川稲荷に到着。
が、すでに山門前は、人でいっぱい!
流石、仏系稲荷の総大将である豊川ダキニ天の人気は凄い!


                   003_20130103074605.jpg




山門です。
真夜中の参拝は、初詣の時だけですから、この「雰囲気」新鮮です^^


                                  005_20130103074605.jpg


縁起物も凄いです!
高額な縁起物を購入すると、景気の良い掛け声付の様です(^_^)

       013_20130103074604.jpg



こちらも、にぎやかなキャラクターキャンディーが・・・!

022_20130103074604.jpg 021_20130106124625.jpg 012_20130106124625.jpg






本堂で、千手観音様にご挨拶して、一の鳥居に並ぶが、
すでにこの参拝者の列・・・・・(-_-;)です。

024_20130103074603.jpg 030_20130106124624.jpg 033_20130106124623.jpg






一の鳥居から4~50分後、ふと振り返って後ろを見ると・・・
参道は、まるで大川の反乱寸前という感じになってました(・_・;)

                         034_20130103074603.jpg



で、なんとか本堂にて、参拝をすませたのですが、
賽銭前は、押し詰めで抜け出すのが大変でした(-_-;)
と。いうことで本殿の写真は無しです(^_^;)




本殿の参拝を終え、宇迦神・大黒天・恵比寿天に参拝。
で、やはり〆は、奥の院です。
ここは、個人的ですが、豊川稲荷でもっとも強いパワーを感じる場所です。
           
                      041_20130103074618.jpg

ちょっと、ピントが合っていませんが、妖気は感じると思います。
妖気と言っても悪いモノではなく、金運・開運のダキニ天様の眷属の「氣」なので、
基本。心配ありませんが、いろんなレベルの眷属がいますので、
自分の心の有り方に気を付けないと、厳しい眷属が憑く可能性があるので、

         
         「要 注意です。」


いくら金運・開運だからと言って、自分だけの利益を考えるのでなく、
身近な人々の幸福も同じくらい祈願する心は大切です。
身のまわりの人の幸せが、自分の幸せと感じられれば、世の中は、大きく変化していきます。

また。謙虚な心・気持ちも大切です。

『俺が俺がの我を捨てて、おかげおかげの下で生きる』

この言葉、忘れた頃に思い出す出すのですが、本当に良い言葉だと思います。




     と。言う事で、2013年も「可もなく不可もない」?
     木霊のブログですが、宜しくお願い致しますm(_ _)m
        

029_20130106124624.jpg


   


                  おしまい^^
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。