FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北口浅間神社おまけフォト。

北口浅間神社のおまけフォト集です。
フォトだけです、解説は無いです(^_^;)
      
          207_20120525110221.jpg
※写真をクリックで大きな画面になります。

                        152_20120525110155.jpg

                            154_20120525110154.jpg


    170_20120525110153.jpg



                    171_20120525110152.jpg


                                     151.jpg


   128_20120525105943.jpg

                              136.jpg
 

       137_20120525105941.jpg
  

                              147.jpg

                                      150.jpg
スポンサーサイト

北口本宮富士浅間神社

では、今回の浅間神社巡りの最後を飾るのは、北口本宮富士浅間神社です(^_^;)

213_20120521113351.jpg  214.jpg  212_20120521113352.jpg


今回、紹介してきた浅間神社の中でも、この北口本宮富士浅間神社はもっとも歴史の背景を感じる神社であったと思います。
特に、このブログで度々言っている「神仏習合」と「神仏分離」を色濃く残している点です。

この「神仏習合」と「神仏分離」とは、日本には「神道」と言う自然を尊び全ての無機物・有機物に神が宿っていると言う考えから、「八百万の神」と言う多くの神々と共に我々は存在し、共存していると言う「神道」考えと、
「仏の世界」を持って人類を救済しようと言う「仏教」を合わせ(習合)より良い世界にしようとした思想でしたが、後に仏と神のそりが合わなくなった?と言うことで「分離」することになったと言う事です。

でも、なんだか「神」と「仏」が争うなどうという事は、自分にはシックリ来ません。
それこそレベルの低い人間同士の争いみたいです。

そもそも、なぜ「神」と「仏」が争う必要があるのか?と言う事、事態が謎です。
これは、本来、「神仏の争」いでなく、「神官・神職」と「坊さん・住職」の争いと言う感じがします。
で、その理由としては「神道の技」と「仏教の技」どちらが上か下かの争いに変わったと言う感じもします。

※神仏習合と神仏分離の歴史
http://www.onoda16.com/page073.html

まぁ、詳し良いことは、各自で調べてもらうことにして、今回はこの「神仏習合」と「神仏分離」を多く残しつつ神道として残る北口本宮富士浅間神社の紹介に入りたいと思います。



では、行きます!



113.jpg
※写真をクリックすると、大きな画面が見ることが出来ます。


まずは、参道です。
どうです?この灯篭の数!多くの権力者達の庇護を受けていた事を物語ると共に、この神社の霊験の高さを表したいます。
この灯篭一つ一つに浄化の技を仕掛けてあるとも思います。
なぜなら、一の鳥居をくぐりこの参道に入った途端に、波動が変わったことに気付くからです。
その理由は、一の鳥居の前は、すぐ道路が通っているのですが、鳥居をくぐってほんの数メートル歩くと、
神聖な静けさに変わるからです。

そして、この灯篭群は、人の邪気・邪心を、参道を通ることで浄化されると感じます。
と言うか、そういうモノを通さないのが、目的と言うか役目なのが灯篭ですから・・・。


灯篭です。

114.jpg

卍が彫られています。
神社に卍が彫られた灯篭です。
これが「神仏習合」の証!こういう細かいところを見ながら参拝するのも、歴史ある神社の楽しみでもあります。
で。この「卍」には、強力な結界と言うか、このマークに霊的作用があると感じます。
と、言うのもヒトラーの用いた、「卐」左万字(ハーケンクロイツ)は、ヒンドゥ教のシンボルでもあり、この真の力を知る者は、このシンボルの持つ力を使い魔術的パワーを得ると考えられているからです。
自分的には、日本で使われる「卍」から感じるパワーと、左万字「卐」では、エネルギーの流れの相対性を感じます。
対極図と似た作用?があるようにも感じます。
また、陰陽と言う相対的関係は地球のルールですから、相反するモノの存在が、バランスをとる為には必要と言う事でしょう。


こちらは↓は、仁王門跡です。
これも習合の名残りですが、分離の時に壊されました。
神社として、残る為の処置だと思いますが壊すなんて・・・(-_-;)

118.jpg




第二の鳥居です!
木造です!!!
凄いです!!!!
122.jpg

現在は、コンクリート製や金属製の鳥居が主流ですが、ここの鳥居は「木」です(^_^)
宮大工の技が盛り込まれ、長い年月を経ても存在が薄れていません。
と言うか、この流れた時間も鳥居のパワーに含まれていて、見る者を圧倒します。

123.jpg

全体像です。
雨粒が少し邪魔をしていますが、この鳥居の大きさは解ると思います。
で、奥に見えるのが「随身門」です。
写真は、ありませんが「矢大臣」と「左大臣」の創りも丁寧でリアルです。
この神社を守る「矢大臣」と「左大臣」と先ほど紹介した「仁王」様で、かつては守護していたんです。
なんともゴージャスな守護職達に守られていたんですねぇ~。
「仁王門」を通り悪しき「邪霊」を断ち「随身門」を抜け「邪神」を祓う二段構え!
なんで壊したのか・・・人のエゴの成せる業としか言いようがありません(-_-;)


次は、手水舎です。
龍がいます。

205.jpg

綺麗に保たれています。
こういう綺麗な手水って本当にありがたいですね。

どうです!
この龍達↓

202.jpg

まるで日光東照宮の様な豪華さです。
本当に多くの信仰者が、この神社の力を信じて奉納したんですね。
あと、白龍と言うのも初めてみました。



では、手と口を清めた後は、いよいよ拝殿に参拝です。


152.jpg


拝殿です。
自分は、お寺の様な波動を感じがしました。
「朱」は、しめ縄の所と柱の一部だけ塗られていますが、他はそのままと言う、この寺社の融合を物語る?造りが不思議な波動を放っています。

162_20120520083243.jpg

拝殿を横から見ると前か見た感じとは違い、かなり豪華な造りになっています。

で。手前の拝殿は、西宮本殿です。
こちらは、天照様と豊受様に琴平様が祀られています。



拝殿内にある「天狗」と眷属の「烏天狗」です。

132.jpg

修験道精通している証です。

そして、修験道とくれば「役行者」です!

195_20120505150048.jpg

で。ありました!
無い訳ないんです。修験道の租ですからね「役行者」は!




で、こちらは拝殿前にそびえる御神木(天然記念物指定)太郎杉です。

141.jpg

この根の張り具合!良いですねぇ~。

148.jpg

締め縄も綺麗に結ばれています。

146.jpg



ご神木は、表の部分だけでなく、地下の根からもエネルギーを放っています。
根には、地中を横に這う根と地下に深く進む根があり、その双方で表面の幹の部分を支えています。
この動きの無いように見える「木」ですが、「静」と「動」と言う二つの相対性により躍動しているんです。
木は、「水」「土」「風」が無ければ育つことが出来ません。
しかし、この協力者である三者が猛威を振るう場合もあります。
「洪水」「土砂崩れ」「竜巻」などです。
この人間にも必要不可欠な三つのエレメントも、時に豹変しますが、自然にとっては必要な事だと思います。
と言うのは、浄化の意味があると感じるからです。
ただ、ここ最近続いている地震やゲリラ豪雨に竜巻で、大きな被害が出ているので、少し複雑な気持ちになります。
そして、もう一つのエレメントの「火」は、木にとっては大敵です。
が、人が木を加工し建物に使つかう時は、木材にした木を火で炙り耐久性と防虫性を高める事に一役買います。
こうして、陰陽五行は人が加わることにより良い形で成立します。
人の思考が創りだした五行ですから、当然と言えば当然ですが、火は使い方扱い方次第ではその他のエレメント同様大変な被害をもたらします。
その為、秋葉神社のように「火」の恐怖を封じる神社が出来ました。

で。もし人がいなかったら、この地球はどのような変化をしていたのか?
ビルも家も道路もないく、汚染物質も無い、清らかな大自然だったら?
あの映画アバターのような自然と調和した神秘的な世界になったかもしれません。




では、最後に気になる写真を少し・・・。


鬼瓦です。
本当に「鬼」がいます。
ちょっと、珍しいですね。
寺社を守る「鬼」です。
その昔の「鬼」は、悪い存在ではなく、姿が怖いけれど本当は守護的存在なのかもしれません。

178_20120520085339.jpg


こちらも守護の龍の彫り物です。見事です!!!
       ↓

183.jpg  129.jpg


            あと、この中の↑「卍」が見えますでしょうか?
           神社の拝殿に「卍」とは中々お目にかかれないコラボです。

         
             



と。神仏習合の名残りを紹介できたところで、今回の浅間神社シリーズは、完結します。

今回、紹介した浅間様以外にも富士山の周りには、、まだまだ浅間神社がありますので、興味のわいた方は、調べてみると面白いと思いますよ。

また、ネットで調べて実際に行ってみると、あれ?思うくらい波動が違う場合がありますので、
そのギャップも楽しめると思います。
で、この時の注意点としては、実際にその場に行った時の自分の感覚で、
「あれ?」
と言う感覚が出てきたら、良い感覚の「あれ?」か悪い感覚の「あれ?」注意してみて下さい。
もし悪い方の「あれ?」だった場合は、速やかにその場を去りましょう。
これは、祀られているのが神ではなく、過去の戦などで亡くなられ人々の御霊を祀っていたり、
「もののけ姫」に出てくる「祟り神」の様な存在を封印していることもあるからです。
また、その場を荒らされたくない霊的存在も時折存在します。

それから、現在では、神を私物化して神社を運営している人々も多く存在していますので、
「なんだか怪しいな?」
と感じたら、参拝を控える事をお勧めします。

と、最後は少し関係ない話になりましたが、北口浅間神社の紹介を終わりたいと思います。


              おしまい(^_^;)



と言いつつ、ちょっとだけ、おまけ。

166.jpg

この大黒様と恵比須様は、拝殿の裏に祀られています。
参拝した際は、是非、裏の大黒様と恵比須様にもご挨拶をして下さい。

では・・・(^_^;)

龍神

最後の浅間神社「北口本宮富士浅間神社」の前に、先日参拝した龍神様の紹介をしたいと思います。

と、言うのも「北口本宮富士浅間神社」は、少し丁寧に書きたからです(^_^;)


では、龍神様です。

017_20120516211115.jpg
※写真をクリックすると大きな画面になります。

祠の向かって左側の柱の前に、上から赤と青と緑の光が見えると思います。

自分の感覚では、赤い光は人の霊で、この龍神様に関係する方で、
ここに龍神を迎えたか、霊力が強く龍神が力を認め従った?人物と感じます。

そして、緑と青の光は、一般的に昇り竜と降り龍と言う感じで、対になって現れたのか、
この祠の親分の龍神の部下?的な龍だと思われます。

と、言うのも少し見にくいのですが、手前に大きな白い光が視えるからです。

ある方に意見を求めたところ、龍神様は祠の前面に出てきているようだと回答を頂きました。

で、この時自分は「この祠の龍神様は、黒龍かな?」と、感じたんです。

でも、青と緑の光はいわゆる青龍と言う感じがします。

という事は、白く大きな光が黒龍様と言う感じがします。
で、こういう結論が出ると不思議と、写真から黒龍様が浮かんできます。

イメージ的には、水墨画調と言う感じで、祠の右後ろ側から「グワッ!」と周りこんでいる感じです。

こちらの祠には、約一年ぶりの参拝でしたが、自分を歓迎していると言う言葉も頂き、
確かにそんな感じがしたと、写真を見ながら行って良かったなと思いまいした(^_^;)

また、この祠に行こうと思った理由は、夢でこちらのメインの神仏が出てきた事がきっかけでした。

霊力の強い神仏で、自分の大好きな修験系の神様です。

もしかすると、赤い光は、その方なのかもしれません。

これからは、定期的に参拝して親交を深めたいと思います(^_^;)

019_20120516211114.jpg

赤い光だけの写真です。
大きさが違いますが、存在感というかエネルギーの強さを感じます。

017 - コピー


トリミングして大きくしてみました。





こちらの龍神様は慈悲深い龍神様だと感じます。
今の世の中の荒れた世の中を悲しんでいるような感じもします。
と言うか、荒れた世の中は今に始まった事では無いですが、
なぜ、人間は自然と調和がとれないばかりか、同じ人間同士でもお互いを思いやれないのか、
不思議な眼差しで見ているような気がします。

いつの世にも、自然を慈しみ動植物を愛し、人間同士、お互いを思いやりなさいと教えてきた名もなき賢人は多く存在し、多くの人々に伝えられたはずなのですが、なぜかその尊い教えは、今現在をもっても伝わっていないようです(-_-;)


河口浅間神社と七本杉

浅間神社part3は「河口浅間神社と七本杉」です。

HP
http://www.guitar-mg.co.jp/title_buck/19/kawaguchi_7hon_392/sengen_jinja_7honsugi.htm


この河口浅間神社は、巨木好きには本当にたまらないスポットだと思います。
と。言うのも杉の樹齢は1000年以上ですし、放つ波動の心地よさが最高なんです!


という事でさっそく河口浅間神社のご紹介です。



まず最初は、鳥居から・・・

111.jpg
※写真をクリックすると大きくなります。


どうです?
鳥居も立派ですが、その後ろにそびえる杉並の迫力!
「グッ。」と、そびえる杉から「静」と「動」の両極を感じます。
静かにたたずんでいる様でいて、躍動するエネルギーもしっかりと感じる事が出来ます。
でも、この杉並が七本杉では、ありません。(念のため・・・)

そう。この参道の杉ですらこのパワーですから、この奥に控えている七本杉は、
もっと、も~~~と、凄いんです(^_^;)
にしても、この迫力ある杉達には圧倒されます(^_^;)
と、鳥居の紹介のつもりが、杉並の紹介になってしまいした(-_-;)


次は、参道と杉並です。
        109.jpg

杉並を参道中央からご覧ください。

      どうです?
 
この迫力! 杉から湧き出るこのエネルギー!

参道がヒーリングスポットと化しています。

写真なのに、現場の波動と同じエネルギーを感じます^^
    

で、この時は、鳥居をくぐった瞬間「おぉ~ 良い~なぁ~~~」
考えるより先に声が出ていました(^_^;)

そんでもって、眷属達が顔を静かにこちらの様子をうかがっていますが、
分かりますでしょうか(^_^;)


で。いちを書いておきますが、けして奥に見える「随身門」が小さい訳ではありません。
どちらかと言えば大きく立派な「随身門」です。
なのに、この遠近感!
この山門を設計した人のセンスの良さが、ヒシヒシと伝わって来ます。
ホント、この遠近法を利用?迫力が、素晴らし杉です!(^_^;)





103.jpg

「随身門」です。

臨場感のある写真にしようと頑張ったのですが、PC画面で見るとあまり良いアングルではありませんでした(-_-;)

もっと、デジカメを上手く使いこなせるようにならなければ・・・



           (^_^;)


では、拝殿です。

083.jpg


part1・part2二つの浅間様と違い、「朱色」が使われていません。

屋根?もシンプルで、装飾なども無いに等しい感じですが、
重みと言うかドッシリとした風格が出ています。

この拝殿、先の二社もそうですが、とても綺麗に保たれています。
社内の掃除も完璧です!凄い!!!







では。いよいよ七本杉です。068.jpg

杉の配置名称は、こちらのHPをご覧になって下さい。
http://www.guitar-mg.co.jp/title_buck/19/kawaguchi_7hon_392/sengen_jinja_7honsugi.htm

で、写真の杉は、拝殿右を通り抜けた所に、そびえる杉です。
写真にシッカリとパワーが写っています^^



で、こちら↓は、拝殿左前にある杉達です。

084.jpg

生で見ると凄い迫力なんですが、やはり写真だと限界がります。
と言うか、撮り手が下手なだけですね(-_-;)


どうです?この立派な根っこ!079_20120508083209.jpg



拝殿の裏手からのショットです。076_20120508083210.jpg
拝殿と並べると、大きさのイメージが湧くと思ったのですが、イマイチでした。
写真って難しいですね(^_^;)





で、とっておきの写真がこれです↓

087.jpg

拝殿を裏の林から撮ったのですが、この木々の隙間から覗く神社の景色が、
昔からなぜか好きなんです。
なんていうか、山をさまよっていたところへ、突然現れた神社って感じが良いんです。

昔の旅人が、「今夜は野宿かぁ~」とあきらめていたところに、
木立の間から「神社だ!」って、感じで姿を現し拝殿に泊まると言う画が思い浮かぶのは・・・
                          もしかすると、過去世の記憶かも・・・(^_^;)



と。過去の記憶が戻ったとこころで、「河口浅間神社と七本杉」の紹介を終わります(^_^;)


       で、いよいよ最終回です。

      最後の浅間様は「北口本宮富士浅間神社」です。


こちらも、また独特の波動を持つ神社で、昔の人々の神秘の技が光る神社ですよ!



              
                     つづく

浅間神社part2は「冨士御室浅間神社」です。

冨士御室浅間神社です。

こちら↓がHPです。
詳しい由緒は、こちらで見て下さい。
http://www.katuyama.info/kanko/sengen.html


ここからは、木霊の個人的な感想と主観で、冨士御室浅間神社を紹介していきます(^_^;)
由緒を参考にしていませんので、あらかじめご了承下さい(^_^;)


では。


025_20120505144825.jpg

この日の冨士御室浅間神社は、葉桜混じりですが、花びらが綺麗に舞っていて桜の絨毯でのお出迎えと言う感じでした。

026_20120505145041.jpg

里宮社とあります。
上社と下社みたいな意味かな?

030.jpg


拝殿の前に本殿の紹介です。
通常は、拝殿の後ろに本殿があるのですが、こちらは、そのまま本殿に参拝と言う感じになってます。
で、天狗様が守護しています。
後に紹介しますが、浅間神社は修験道との関わりが深いようで、天狗、烏天狗の面や扇子がその関わりの深さを物語っています。


046_20120505145038.jpg 035_20120507091020.jpg

HPでは、「里宮」とあります。

なんとなくですが、こちらの浅間神社の建物の構成は、本殿と拝殿と言う関係ではなさそうです。

雅な本殿に重厚な拝殿、造られた時代の背景が違うのか、元々がちがうのか?
後に紹介する浅間神社にも関係してきますが、神仏融合と分離の時代が関係しているようです。


やはり浅間神社は、修験者の術と技を重視していた時代を感じさせます。

読みも(せんげん)とも(あさま)とも読めます。
浅間山でも修験者は大活躍していますし、強い関係があると思うのですが、
ここではあまり深く詮索するのは控えます(^_^;)


032_20120505145040.jpg


と、門前に二頭の龍神が宝珠に「福」を書き込まれたものを大事に抱えていました。
やはり、「福」と言う「漢字」には縁起の良い波動が宿っていますね(^_^)/

細工も丁寧で、現代モノと思われますが、良い仕事をしてると感じました(^_^;)


こちらの浅間様は、寺院の波動を強く感じます。
神官ではなく、お坊さんがこの社を守っていた時があったのかもしれません。
まぁ。昔は神社もお寺と変わらず、冠婚葬祭の双方をしていたわけですから、両者の波動が残っていてもおかしくないですが、個人的に寺の波動を強く感じます。
と、言うのも「○○入道」と言う感じの体の大きなお坊さんの様な方を感じます。
心優しい、大入道と言う感じで、村の人々から敬愛されていた感じです。
修行より人との関わりを重視していたようにも感じます。

と、これは自分の空想、想像です。
参考にはしないで下さい(^_^;)




という事で、次の浅間神社は、七本杉で有名な「河口浅間神社」の紹介です。
         
       兎に角、七本杉は凄いです。
 
この凄さが、上手く伝われば良いのですが・・・(^_^;)
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。