FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で起こるトラブルの・・・原因?

人生で起こる出来事の中で、人間関係のトラブルや問題は、自身の思考の繁栄であることに気付くと、不思議なことに、その出来事が好転していく・・・場合がある(^_^;)
また。好転したように感じなくても、自分自身の思考の癖に気付く事がで、今後の自分の出来事に対する対応や反応に変化が出てトラブルが減少するかもしれない。

これは、起きたトラブルの結果の原因を、他人の責任にしなくなった事による変化がもたらす結果だ。

だから自分に起こるトラブルを、全て他人の責任にしているうちは、更なるトラブルを招く。

で、その出来事(トラブル)の悪い噂や陰口、悪口などなど他者に言いふらし、
批判し、かたよった自分本位の評価をしている自分い気付くことが肝要だ。

そして、この他者批判、自己正当系の人の特徴として、
人からの賛美が好きなので、リーダーシップをとりたがるタイプが多い。

また、本人は、正論のつもりで言っている言葉も、周りで聞いている人達は、
「あんたも変わんないよ」とか「また、始まった」と、いうのが8割方だ。

で、更に同じことばかり何度も繰り返し言っている。
この繰り返しの原因は、納得した結果を得られていないのと、
周りが自分を認めていない事を察知して、なんとか自分を認めてもらいたいと言う思いからくる行動だ。

で、それでも認めてもらえないと感じると、自己犠牲的な言動や他者を称賛したりと逆の言動も視られるようなる。(基本的に言うだけで行動へとは移らない)
これは、自分の心の広さを表現しているのだが、「まゆつば」なので周りはうんざりする。


で。これは、実際に前の職場であった事だが。
ある別の部署の上役が業者からキックバックをもらっていてバレた。
しかし、クビにならずに降格だすんだ。
今の時代、こんな処分ありえないと、皆は影で話す。
で、よくよく聞いていると、以前も同じことがあり、
その時の役職は、半年で元のポジションも戻ったと言う。
そして、更に別の上役も今現在、同じことをしてると噂している。
しかも、その噂をしている上司も自分自身がしていると、噂されているのに・・・
と言う事は、ほとんどの役付き達がしていると言うことだから、クビに出来ないのだと解った。
で、これだけが原因ではないが、自分はこの会社を辞めた。
全てを他者の責任にする人間ばかりの会社だったが、自分自身もそういうところが有るんだな(-_-;)
と、自分自身を見つめなおすことが出来た。
で、更に、それ以上に得るものが大きかったと思える事も多かったので、結果オーライで気持ち良く退職できた。


と。こんな信じられないような会社だが、その会社を批判する気もあまりない。
と言うのは、「類は類」だし皆それを自分たちで好んでやっているのだし、
もう。自分はそこから離れられたのだから、
済んだことを、ぐずぐず愚痴って言ってまた同じ波動になるのも嫌だと思えるからだ。
まぁ。暴露する人もいるが、社員全体が結局黙認しているのだから好きにさせれば良いと思う。
先に書いた、自己正当系のリーダーも居たが陰口は言うが、それ以上は黙認だった。
でも、今の時代からは、存続、継続も時間の問題だと思う。(予感的に)


で、このような過去の出来事に捕らわれて、いつまでも前に進めないのも波動を下げる原因だ。
これは過去の嫌な出来事を思い出す度に、また同じことを自分自身に呼び込んでいるのと同じ言う事。
だから職場を変えても同じことの繰り返しになる。
まぁ。職場に限らず人間関係も同じことだな。
自分が変わらなければ、人生のパターンは変わらないし変えられないのだ。


だから、自分自身の目の前で起こる出来事は、全て自分自身の波動か出ているものであり、
その波動の周波数が近いので引き寄せていると、考えれば自己責任だと思えてくる。


そうこれが波動の法則!「類は類を呼ぶ」と言う事だ。
で。これは、自分自身をしっかりと見ていないと言う事でもある。

人は、みな自分が正しく他者を悪く見たいと言う傾向にある。
その理由は、不安感や恐怖心だが、これに気付かないかぎり、
永遠にトラブルは離れてくれない。

だから、どうしてもトラブルが続く時には、他人の思考、言動、行動に焦点を向けずに、
自分自身の思考、言動、行動に焦点を当てる方が、解決策が見えて来るかもしれない。



そして、意外な事に一番厄介だと思っている人ほど、自分にとって一番の教師かもしれない。


で。本当に厄介なのは自分自身の思考=エゴだと・・・思う(-_-;)

と。いう事で、人生に変化を起こしたいのなら。

心を静めて瞑想し、この迷走から抜けだそう(^_^;)/


最後に、この状況の対処法として、自身の思考、言動、行動に気付いたうえで、
文字波動による改善は有効だと思います。
他者の責任にしながら自分だけ良くなろうとしても、根本の原因を解消しなければ、
いくら文字波動を使っても同じことは繰り返される。


これは、ダイエットを始めたと言いながら、食べる量を減らさないのと同じだ。       
スポンサーサイト

「心」の柔軟性の重要性

今回は、柔軟性の重要性についてです。

柔軟性。この言葉は人が生きていく中で、もっとも重要なアイテムだと感じます。
簡単なところでは、人との意見の食い違いなどが生じた場合には、多大な影響があり後の結果を大きく左右します。

柔軟性とは、対する相手を「受け入れる」「認める」「許す」と言う事です。
で、逆に自分自身にもこれを当てはめることも出来るすぐれものです。

自分が思うに、他者を「受け入れず」「認めず」「許せない」人と言うのは、
実は、自分自身を「受け入れられず」「認められず」「許すことが出来ない」面があり、
その「じれんま」が、引き起こす作用だと思います。
例えば。
他者の中に自身のマイナス面を感じ、怒りや妬みを感じたことで、怒りなどの感情にスイッチがはいったとします。
で、この時怒りのスイッチを入れている自分に気付くことができると、徐々に柔軟性が出てきてマイナス面が解消されていきます。
しかし、この「気付き」に、いたらないとドンドンエゴが成長し人の話を聞かなくなり、
頭ごなしになり、決めつけで物事を観るようになります。
だからこそ「柔軟性」と言うアイテムが必要となるんです。

更に例えると
他者と対立した意見が出た時こそ冷静に相手の意見を聞き、その真意を見つめることが必要です。
でも、これを受け入れられない人は、「否定された」「責められた」と、決めつけが始まり「不の感情」がわき起こり、反撃に出ます。
で。相手を倒すための素材を集め、試行錯誤して自分がいかに相手の上であるか、
いかに勝っているかと言う攻撃的な状態になり、我を忘れてしまいます。
こういう人は、常にこういう防御と攻撃と言う臨戦状態でいるので、気付きはおろか柔軟性を人生のアイテムとして、迎えることは出きません。
更に自分が負けそうになったり、自分に不があると話をすり替え、過去の出来事や変な例えを出して、
話の方向を自分が有利になるまで延々と長引かせます。

なんにしても、自分は「正しく」他者より「優れ」ていることが、自分であり、
日々のどんな出来事にも自分自身が、どう他者から認識されているかにこだわります。

でも、仕事などの年功序列や立場などの権力に弱いので、一般常識的に太刀打ちできない(してはいけない)事に対しては、頭が固いのでフラストレーションをドンドンため込こんでいき、仕事場などでは弱い人に対し陰湿なやり口で自身を正当化しながら、人を追い込んで自分の不満を発散させます。
また、家庭などでは、この感情が子供に向いていきますので、親子関係は年を追うごとに亀裂入り、
取集が付かない状態まで深まり、修正不能になった結果が各家族化という現象ではないでしょうか。

また、可愛そうなことに、その被害者からの「不の怨念」の常に向けられることになる「加害者」は、
常に慢性的不のエネルギー感じている為に感情の中に「不満足」や「不安」を感じるようになります。
なぜなら、人は相手に与えた波動が、そのまま自分に返ってくるんです。
で。人に与えた波動は、マイナスのエネルギーですから状況に合ったマイナスな現象で返ってきます。
時には、何倍にもなって返ってくる場合もあれば、ここぞ言う絶妙に最悪なタイミングで来る場合もあります。
もし、この記事を読んで「ん?」と感じるものがありましたら、注意が必要かもしれません。

兎に角。人間関係での「気付き」と言うのは、自分自身の都合の良いように解釈するのではなく、
相手の心の真意を感じ取り、自身の思考に「言い訳」が無いかを確認することが先決です。
更に「受け入れる」「認める」「許す」と言う心のゆとりが大切。
自身を完璧にしたい気持ちも解りますが、歪んだ思考で歪めた真実は完璧からほど遠い形となった貴方を他者の目に映し出し、他者に本当の自分をさらけ出すことになります。
いくら誤魔化しても、誤魔化すだけ悪化していきますので、気を付けましょう。

023.jpg


と。書いている自分に言い聞かせる・・・(-_-;)



最後に、この記事を書くに当たり協力してくれた全ての皆様。
気付きを与えてくれた全ての存在に感謝致します。

蒲神明宮

今回は、以前紹介した「蒲神明宮」です。
由来は↓
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/ward/higashiku/chiikiryoku/history/jinjya/06kaba-s.htm

この蒲神明宮は、なんともお伊勢様の波動を色濃く感じる神社です。
まぁ。伊勢神宮から神託を受けて、この地で祀られているのだから当たり前なのだが、
それにしても、品と言うか格式と言うものを際立って感じる神社である。

020.jpg



なんとも気品あふれる波動を感じませんか?(^_^;)


 
こちら↑は、豊受様です。
拝殿の右側面に有ります。
この右側面にあることに、少し違和感を感じます。
何故、このような造りになっているかが謎ですが、この奇妙な感じが、神妙な面持ちが更にUPして感じます。


更に、この蒲様ですが、祠の配置?もなんだか不可思議なものを感じます。
で、本来なら写真や図で配置を紹介したいところですが、なんとなく神社側からやたらの掲載はNGと言う感じを受けますので、紹介は控えさせて頂きますm(_ _)m(あくまで個人的にはです)


では、掲載OKの部分をもう少し。

038.jpg

厳島弁財天様です。
弁財天、自分の好きな神様のお一人(?(~_~;)です。
で、この弁財様ですが、ウィキぺで少し調べると、面白い経緯で日本に入って来たことが解ります。
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E6%89%8D%E5%A4%A9

どうです?イメージ変わりませんか?
美しい羽衣をまとい天から舞い降りると言うイメージが定着していますが、
起源は中々過激な神様のようです。
そして、国と言うか民族の文化や特性?で変化していくと言うのも面白いですね。
以前の参拝では、宝船を感じたのですが、今回は青龍が静かにトグロを巻いてたたずんでいる画が浮かびました。


032.jpg


お次は五社稲荷社です。

こちらは、小さな祠ながら主力メンバーが勢ぞろいの五社様です。
写真から、感じると思いますが、かなり強いエネルギーが出ています。

で、写真を撮る時に「ブログにUPしますので、この写真を見た方々に開運のパワーを」と、
お願いして来ました。(ご利益があると良いのですが・・・(~_~;)


で、最後に不思議な写真が撮れましたので、掲載します。

054.jpg

どうです?神秘的な光でしょう?

と。言いたいところですが、これはレンズに反射した光です(-_-;)
デジカメの特性のようですが、逆光で撮ると比較的出やすいです。
でも、全てがレンズの仕業とは限りません。
が。しかし、そう簡単に神秘的な現象を撮ることは、難しいと思います。

まぁ。光などなくても、波動エネルギーは出ていますから、
何も写っていないからと言って、ガッカリすることもないんですが、
まぁ。人は視覚的な刺激に弱いので、写るとテンションは上がりますね(^_^;)

でも、やたらと撮るのはあまりお勧めできません。
なんとなぁ~く「ん?」と、言うような感じがしたら、撮影は控えた方が良いと思います。
こちら側は、参拝したのだから勝手に神仏と繋がったと思い込んでも、
神仏の方では、そうで無いこともあるからです。
特に神社では「村社」「郷社」など、比較的地元密着型の神社の場合は、
その地の過去の出来事の不の波動が強い場合があるので、特にやめた方が良いです。
簡単に言うと、「災害」や「戦(いくさ)」などの悲しい出来事が強い場所や、
古墳など神聖に満ちた跡地にある場合などは気を付けた方が良いです。
よほど、その地の存在(過去の信者の霊や、その場に思いの強霊など)に気に入られない?と、
ちょっとした反動をもらう可能性がありますので・・・(^_^;)経験者は・・・。)




          END





プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。