FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸隠神社 (奥社編)

今回は、いよいよ戸隠神社・奥社編です。

がぁ。戸隠神社の全貌はHPに委ねますので、こちらをご覧下さい。
      ↓
http://www.togakushi-jinja.jp/


では。私の感じた戸隠神社・奥社をご紹介します(^_^;)


奥社は中社から6~7㎞ほど歩きます。
程よい勾配の半自然道と行った感じで、時折木々の間から見える景色が、
ここが標高1350mだったということ思い出させます。

ちなみに、車で長野の駅から中社まで約1時間かかります。

更に、ちなみですが。
勝手に思い描いていたイメージは、こんなに標高が高くなかったので、
実際に来てみて標高の高さもそうですが、かなり奥深い場所にあることが、
神秘性を高めてくれます(^_^;)

で、山道をひた走りますと。
途中、転々と蕎麦屋さんの看板が出てきまして、
宝光社辺りからは、蕎麦屋さんとお土産物屋さん&お宿が軒を連ね出して、
中社へとつづくわけです。
この辺まで来ると戸隠は、やはり観光地なのだなと言うことを感じます。

と、中社までの道のりは、この辺にして・・・奥社ですね(^_^;)



先に書いたように、中社~奥社は、約6~7㎞歩くのですが、奥社手前3㎞までは、車でも行けます。
でも、せっかくなので歩くことにしました。

奥社入口までは、アスファルトで舗装されたりされなかったりですが、
入口からは、舗装はされていませんので、そこそこアウトドア系の靴で行かれたほうが良いですね。


途中、お蕎麦屋さんとペンション?があり、それをこえると奥社入口です。

奥社入口の大鳥居をくぐりしばらく歩くと、りっぱな髄神門が現れます!



髄神門です。

162.jpg


ここで、邪心、邪気を払い

「これから神聖な場所に入るのだぞ!」

と言う心構えをしなさいと、言われている感じがしました。

163.jpg

髄神門をぬけると、参道は「おぉぉ」と声が出るほど立派な杉並木になっています。

165.jpg


そして、並木の外側は、原生林?と言う感じです。
精霊達が自由に飛び回っているように感じました(^_^)

213.jpg

この原生林?と言うか人の手が加えられていない木々草花の状態は、
「ここの自然はとても良い状態だなぁ~」と、感じました。

あと、
神社の杉並木って、自然界との境を創って精霊や妖怪を信じない人達が、
杉並木から出て自然を荒らさないようにする為なのかも・・・
という思いが浮かんできました。
172.jpg


さぁ。
いよいよ奥社に到着ですが、お盆明けだというのにこの人です。
拝殿まで、あと数十メートルだというのに約30分程待ちました(-_-;)

209.jpg

そして、やっとの思いで参拝をすませ。

由緒の書かれた立て看板です。


211.jpg


で、自分的に戸隠神社に感じたことを少し・・・
210.jpg


この戸隠神社の奥社拝殿は、修行者の本当の入口で、拝殿の奥に見える山々がパワーの源と言う感じがします。
そして、ここは太古の昔も、ある特殊な人々が住んでおり、神々との交信の為の地でもあったと思います。

更に、自然に心を寄せてみると。
太古の真の神々達が、今も静かに復活の時を待っているような「凛」とした静けさを感じました。
また、この地は、自然神と人間がコミュニケートをとりながらバランスよく生活していた人々がいたようにも感じます。
木々と草花に宿る精霊達は、地球から受けたいろんな情報を人々に伝え作物を植える時期や災害のくる時期を教えていたのではないでしょうか?
そして、その後に洞穴や滝に太古の人々が祈りや儀式で使った時のエネルギーが残り。
その残ったエネルギーを感じて、今で言うパワスポ的な場所になり、
そのエネルギーを取得、習得する為に「修行」いう形が産れたのではないか?
などと想像を深めてしまいます(^_^;)
多分、地球と繋がることで、人智を超えた知識や人間の創った概念から解き放たれることで、
本来の能力を発揮できたのだと思います。


そして、太古の人々の純粋な波動は地球と自然によく馴染んでいたのだと思います。
生きるということに本当に喜びと感謝で応えていたからこそ、自然との絆が強くなったと思います。

現代人のように私利私欲にまみれてしまうと、地球と自然から離れた存在になって、
地球からの、いろんな警告を無視した結果が今なのかもしれません。


             
                  END

206.jpg
204.jpg


余談コーナー(^_^;)

戸隠神社は、本当に素晴らしい神社です。
心を開いて参拝すれば、いろんなことを感じさせてくれると思います。
太古の神宿る神社は、精霊達も妖怪も本当に優しく我々を迎えてくれますので、
こちらも礼儀正しく参拝し、参拝者どうしもマナーを守って参拝しましょう。

参道を横一列に並んで「くっちゃべり」ながら反対からくる人々の邪魔をしないようにしましょう。
参道は、神仏精霊が清めてくれた神聖な道です。
神仏精霊は許していますが、本来、他者に対する思いやりのない人々の通れる道ではないと思います。
自分以外の人の幸せを願うことを、神仏達は共通して教えています。
ただ道を歩くだけでも、譲り合うという思いやりの「有る」「無い」がハッキリ見えてきます。

特に開運・金運・縁結びなどの、ご利益があるという神社に、
こう言った思いやりのない方々が多く見受けらるのが本当に残念です。



                  
スポンサーサイト

戸隠神社

今回は、お盆休みに行った戸隠神社と善光寺の紹介です。

で。まずは戸隠神社から紹介したいと思います。

128.jpg
134.jpg


137.jpg
139.jpg


写真は、戸隠神社の中社です。
戸隠神社は、奥社・中社・ 宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社で構成?されおり、
全て周るとかなりの時間を要します。
で、今回は、この中社と奥社と九頭龍社だけを周る事にしました。
と、言うのもやはり戸隠と言えば「手打ち蕎麦」が有名です。
門前ではなく神社ですから鳥居前?には、手打ち蕎麦屋が軒を連ねていますし、
で、その中でも行列が止まらない店、中社前の「うずらや」さんで蕎麦を頂く事にしたのですが、
やはり1:30待ちと告げられ(-_-;)たので、泣く泣く宝光社と火之御子社あきらめることにしました。

でも、ただ待つのでは時間がもったいないので、宝光社付近まで戻って違う蕎麦を食べての味比べをすることにしました。(なのに宝光社には参拝しないのは何故(-_-;)

こちらは、お店の名前を忘れてしまったので、紹介できませんが、こちらもシッカリした手打ちの美味しい蕎麦でした。

と、あっさりコメントですが、これには理由が!
蕎麦は、個人個人で好みがあり、蕎麦好きには更に「こだわり」があります。
自分は、「サッ!」と固めに茹でて細打ちが好きで、汁は出しが効いてる方が良いんです。
あと、できれば生わさびでいきたいのですが、中々こういう自分好みと出会うことはありません。
それだけ、蕎麦は多種多様なんです。
実は、自分の地元でも蕎麦やが増えてきていて、かなりの件数の蕎麦やありますが、
お気に入りは2軒だけです。(どうでもいい情報ですが・・・(^_^;)

で、なんとか待ち時間内に食べ終えて、うずら屋さんへGO!です。

と、ここでミラクルがおきました!
なんと、ちょうど自分達の番が来ていたんです。
ビッタシ一時間半後に到着して、お店の人が私達(連れと4人)の名前を呼んでいたんです(^_^;)
で、連れがあわてて車から降りて、無事に間に合うことができました!


では、いよいよお蕎麦の紹介です。
と、その前に!
この美味いはずの手打ちを食べる前には、どうしても一杯やりたくなるのが、蕎麦好きと言うやつです(^_^;)
(と言っても前の店でも一杯やっますが・・・(-_-;)
まぁ。セオリーに従えば、日本酒それも地酒を飲むのが一般的ですが、ここ最近、何故かBeer党になってしまい。
この蕎麦通のセオリーを無視してBeerで、蕎麦を待つ事にします。

224.jpg

と、蕎麦前の天ぷらです。
こんな大きな車エビが一尾300円ほどで堪能できます。(かなり良心的です)
地物のキノコ達の天ぷらも良い感じです^_^
そして、この天ぷらの旨いこと美味いこと!!!
ちゃんとした天ぷらを、久しぶりに食べました!満足、満足!!!

と、ここで悲しいお知らせです。
感じんの蕎麦の写真を撮るのを忘れていました。
あまりの美味しさで、あっという間に食べてしまいました(スミマセン-_-;)

では、この本気で美味い蕎麦と天ぷらを出すお店を写真で紹介します。

227.jpg

中社の鳥居の右側にある「うずら屋」さんです。
建物もいい感じです。

昼時は、本当に大行列です。
なので、早めと言うか開店前に並ぶ事を、お勧めします(^_^)
と、言うのも私達が食べ終わって、近場でぶらりして2時間ほどたっても人が減りませんでした。
もちろん、並んでる人はかわってますが・・・

で。それだけ人気があるのは、蕎麦や天ぷらの味だけでなく、
店主や従業員の方々の力もあると思ます。
皆さんイキイキと元気ハツラツで、とてもお客様を大切にしている感じがしました。
それが、店全体を良いエネルギーで包みこんでいるので、
人が集まるのだと思います。
本当に良い気で満たされていました(^_^)

しかし、こう言うお店は、中々お目にかかれないくらい珍しいと思いました。



と。今回は、あまりにも戸隠蕎麦が良かったので蕎麦の紹介に終始してしまいました(^_^;)



と言うことで、次回は、いよいよ奥社の紹介です。




212.jpg




戸隠神社http://www.togakushi-jinja.jp/
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。