FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※(更にちょっと編集) 陰口、悪口は、エゴの技? 

今回は、具体的に陰口や悪口について書きたいと思います。
何故かと言うと、これらは明らかにネガティブな波動を発しているのと、
こう言うネガティブな波動を、家族、友人、会社などの人間関係で発し合うことが、
現代の人間関係不和の原因だと感じたからです。

そして、この事に気付いていない人が多い事が一番の理由です。

DSCN1591.jpg


では、いきます。

誰しも自分が、悪い人になりたいと思いませんよね。
では、悪い人の反対の良い人になら、なりたいですよね。
でも、良い人になるには、悪い人がいないと良い人か悪い人かの判断に困ります。
で、「エゴ」が考えるのは、悪い人を製造すれば良いと言う発想です。
「エゴ」は、本人に気付かれない様に思考を操作し言葉巧みに誘導して行きます。
だから、面倒でも常に自分自身の思考に注意をしないと、いつの間にか「エゴ」の思うがままにされてしまいます。


で。今回のテーマの陰口や悪口なんですが、これらが一番「エゴ」を理解するのに適していると思い選びました。
で。この陰口や悪口とは思わずに言っていることがあると思うんですね。
で。これも「エゴ」が思考に入り込。そう思い込ませているからなんです。

例えば

「これは、悪口じゃないんだけど・・・」

と。いう言い回しです。よく聞きますね。

この切りだし方は、一見は相手を非難しないような言い方に見えて、完璧な実際は悪口です。
更に、そのターゲットを思いやるような言い方で続きます。

「実は最近、どうも、あいつの行動が心配でさぁ・・・」

と切り出し、聞き手に興味を持たせて、ネガティブワールドに相手を引きこんで行きます。

では、本当に心配な時はどうすれば良いのか?ですが。
これは簡単ですよね。
無関係の他人に言わずに直接、相手に伝えれば良いんです。

「お前の事が、心配で言うんだが・・・」

と、真剣に相手に伝えることが大切です。

本当の「思いやり」からくる行動、言動は本当にシンプルで分かりやすいんです。

「真実」からでる言葉には、パワーがあります。
「エゴ」からでる言葉には違和感があります。


そして「エゴ」は、問題を複雑にして、分かりにくくしていきます。
「真実」は、シンプルで分りやすいです。


自分自身に「非」がある人ほど、人の悪口や陰口を言います。
理由は簡単、全てが「嘘」から発生しているので、複雑にして「真実」を覆い隠したいからです。
これは「良い人になりたい」
   「人気者になりたい」というのが原因ですが、
でも、初めから良い人なら人気もあるし、嘘や他人の悪口、陰口を言う必要は無いですよね。

と、これが他人の「エゴ」を発見する重要なアイテムになります。

嘘や他人の悪口、陰口は、エゴイステックな人を識別するのに役立ちます。
そして、自身の診断にも使えます。
しっかりと、自分の思考、言動、行動をチェックしてみて下さい。




では、話を戻します。

「エゴ」は、あらゆるアイテムを使って人間関係の構築に努めます。
そのアイテムとは、性別や年齢差から生じる日本独特の上下関係、
金を持ってる、持ってないと言う貧富の差や、
その回りの有名な人、例えば「○○社の社長の誰それを知ってる」とか、「その誰それとは、旧知の仲なんだよ」見たいな感じで、
まるで、自分の事のように話して、自分の評価を上げようします。
そして、自分自身を大きく見せて、人を操作しようとするんです。


では、話を元にもどして、陰口や悪口です(^_^;)


何故、人(エゴ)は、このネガ代表選手の「陰口・悪口」が好きなのでしょうね?

それは、今まで見て来た人(自分も(^_^;)の傾向を見ると、「自己防衛」が主な感じがします。

相手との人間関係で起きたトラブルで自分自身に「非」がある事を認めたくないと言うことから、
先手必勝、攻めるが勝ちと言う具合に、相手を打ち負かす為に「エゴ」が頑張っていくつものストーリーを考え、
一番良いストーリーをチョイスして、「発表」する仕組みです。

で、更に、このストーリーは話す人によって内容がが変わっていくんです。
何故かと言うと。
理由は簡単です。もともと嘘のストーリーなんですから、つじつまが合わない事が出てくるからです。
当然です。でも、これが重要なんです。
それは、その「嘘」を話す人との人間関係が関係してくるんですね。
自分を好く見ている人は良いんですが、
攻撃したい相手を好く見ている人には、少し言い回しを変えないと嘘がばれますし、
弱に反撃されてしまう恐れがありますから、慎重に相手に自分の「嘘」を信じ込ませるんです。
で、言葉巧みに相手を取り込んで、ターゲットを撃ち落として行くわけです。
ちょっと、怖いですよね。

でも、ご安心を。

いくらなんでも「嘘」はいつかばれますから。
その時は、何もしなくても相手は自滅して行きます。
かなり時間がかかる場合もあります。
でも、一緒になって自分も攻撃を仕掛けると、状況の改善に更に時間が掛る事になります。
一番良いのは、「ほったらかしにしておく事」です。
仕返しは、更なる憎しみを産みますし、お互いの間をバウンドし跳ね返りながら、
ドンドンその力を増幅して行きますので、危険です!

でも、どうしても我慢できない時は、良いアイテムがありますね。

そう!「浄化BOX」です。
言いたい事をガンガン書いて、1日~3日くらい入れて切り刻んで「ポイ」すれば良いんです。
簡単です。

確かに今。この世は、このように理不尽でネガティブ人達の比率が多いと思います。
だから、この様な戦争や不況の波にのまれ、苦しむ人を嘲笑できるのだと思います。
でも、苦しい時は自分自身を知るチャンスでもあるんです。
苦しい時、悲しい時に自分よりも不幸な人探して、自身を甘やかすか。
この状況を招いたのは自分自身と気付き、「エゴ」を認識して精神の向上を目指すかです。


人は、良い悪い双方を経験し、初めて自分自身を考えて行くことができると思います。
自分自身の思考の傾向を知ることは大切です。
私自身、自分の中の攻撃的な部分を知った時は、唖然としました。
小さな物差しで、人や世間を見ていた自分を知り、愕然ともしました。

でも、これが良かったと今は感じています。

あと、自分自身を考えるとは、どんな自分になりたいかと言う事にもなります。

これは、己をしることで、更なる精神の向上に役立ちます。

どんな自分になるとは、エゴからの解放の始まりです。
エゴは全ての出来事から不安な要素を集め、あなたを小さくし弱らせ操作しているんです。
エゴは、俺(エゴ)がなんとかしてやると言い作戦をたて、あなたに実行させていきます。
エゴは、ポジティブでプラスな思考が怖いんです。
だから、あなた自身が前向き生きようとするのを嫌い、他人が向上して行くのを阻止しようと足を引っ張んるんです。

だから、「どんな自分になりたいか」と言う自分自身を認識し意識的に考えることで、
エゴの介入が難しくなって行きます。
すぐに全てのエゴ的部分が消滅することは難しいですが、確実に少しづつ状況に変化は現れます。
他人の態度が変わったり、付き合う人間が変わると言う感じです。

これは、前回の人間関係にも繋がりますが、自身の心(波動)の変化を指しています。

ですから、人間関係を良くしたい場合、この「エゴ」に気づくと言うことも重要になってくるんです。



では、ここからはエゴに気づけない人のその後です。

エゴの虜になっている人の傾向は、「執着心」の強さというのが最も分かりやすいんです。

人間関係への執着・物の所有の執着なんですが、言い方を変えると「依存」とも言えます。

人間関係への依存は、他者のする事にいちいち反応して、感情移入し他者と自分との境がなくなり、
なんでも自分の思いどうりになると錯覚して、思いどうりにならないと攻撃を仕掛けるとうことです。
あげくに、人を操作するようになります。
操作とは、自分の思い通りに人を動かしたくなるんです。
で、こう言う人間関係は実に多く、会社だけではなく、親子関係や友人関係でも多く見られます。
でも、お互いに気が付いていないので、それで良いと思いこんでいるんです。
時に苦痛を感じても、これが人間関係だと錯覚していて、よほどの事が無いかぎり、
この関係のままの付き合いでいきます。

次に物への依存ですが、物依存症のひとは、服・車・家・家電などなど全ての所有物に対して、
自分を投影します。
何々と言うブランドを持ってる自分が、真の自分だと錯覚してそれを身に付ける事で安心します。
着心地とか機能性やデザインで選ぶのではなく、店員や雑誌メディアのコメントで選ぶんです。
だから「流行りでないと」言われると、何万で買った洋服も着る事が無くなりますね。
まぁ。それだけの余裕がある人ならいいですが、人によっては次から次へと購入して、
カード地獄になってしまう人もいるので、しっかりと自身の収入状況を考える必要がある依存症だとは思います。
あと、何々メーカーの車オーナーの自分と言うのも多いですね。
大きく迫力のある高価な車は、自分自身が強くなったと思わせます。
そして、その勘違いで無謀な運転をする人がいます。
これは完全に車と自分を同一化している証拠です。
更にこれは、ステイタスと言う言葉をはき違えて解釈しています。

ただ同一化してるだけなら良いですが、へたすると大事故になる可能性がありますから注意してほしいですね。
これには、トラックなどの運転手もあてはまりますので、気をつけて下さい。
車が大きくても、自分が大きく力が強いわけではありません。
あなた自身ではなく「車」大きくパワーがあるだけです。
しかも、その車が100㎞以上の高速で走行し衝突すれば、ただの鉄の塊の凶器になるんです。
で。その時、我に返るのでは遅いんです。
自分以外の人々への被害が出る事も意識して運転しましょう。

と、このように物質への自己投影は、とても危険なんです。



こうみてくると、物を所有する事で、自分の他者から受ける評価が変わるなんて本来は歪んでいるように感じますよね。
物や他者の実績を利用して自身の評価を上げるのは、他人のふんどしで相撲をとるのと同じです。

でも、現実に、こう言う世界感で生きてる人は、かなり多いです。


更にこう言う世界観の人は、物も人も自分自身のアイテムとして考えるので、必要が無くなればすぐにゴミ箱に捨てれば良いと言う考え方になります。
真の「思いやり」や「愛」を知らない又は、感じた事がないので、どうしてもこう言う行動になるんだと思います。
そして、これは物があふれだす現代は、とても顕著になってきている感じがします。
物を大切にしない様になると、人の心もすさんで行くのかもしれません(-_-;)


で、最後に今回のテーマのおさらいです。
物も人も思いやりと愛を持って接すれば、必ず良い答えと結果に結びつきます。
ですから、エゴに支配されている自分に気づき、意識的に行動すことを実践していけば、
全ての状況に変化を与えて行くことが出来るんです。
何するにも意識的に行動し、責任をもって行動する事を意識しましょう。
自身の行動の結果で、悪状況になった時。他者の責任にばかりしている人は、エゴの奴隷です。
私はこうしてやった、俺はああしてやったは、エゴの支配下にある証拠です。
意識的に生きる人は、見返りなど求めません。
思いやりと愛で構成された「思考」に見返りと言う考えは無いからです。
ですから、時折(常に)自身の行動や言動を客観的に見るようにすることをお勧めして、
今回の〆にしたいと思います。



なるべく短く簡潔に書こうと思ってはいるのですが、
書いているうちにあれこれ出てきて結局タラタラと、
長くなってしまします(-_-;)
長々、私の駄文にお付き合い頂きありがとうございます。


        本当に感謝m(_ _)mです。
スポンサーサイト

人間関係

本丸石垣 - コピー


人間関係は、人生の悩みのなかで大きな問題としている人が多いと思います。

自分自身も本当に、よく悩みました。

でも、この下の一言がキッカケで、人間関係を理解できるようになり、
時間はかかりましたが、この難題解決の足掛かりを見つける事が出来ました。
その一言とは


「類を類(友)を呼ぶ」


このブログでも、なんどか書いていますが、人間関係はこの言葉につきます。(と。自分は思っています)

だから、自分が選んでいると言うより、自分と似た波動を持った人が集まると言う事です。

で、波動とい言う言い方では解りずらいと思いますので、簡単に例えを少し。

感情や思考が、その人の性格などに影響します。
で。実はこの感情、思考は波動で、各感情などには個別の波動があります。
で、波動は周波数にも置き換えられます。
だから、波動を周波数に置き換えると。
怒りには怒りの周波数があり。
喜びは喜びの周波数があると言う事です。

そして、この思考や感情のトータルしたものが、その人の性格になると思って下さい。

で、この性格(性質?)を大きくタイプ別に分けてみます。(大ざっぱですが)

例えば自分勝手なAタイプの人は、Aタイプの人に引かれあい。
人の良いタイプはBタイプでコミュニティーを作ると言う感じで、
似た波動を発するどうしが集まります。

しかし、人によっては
「自分の周りの人は、そんなに似てないと思うけど・・・」
と思う人もいると思います。
でもですねぇ。
自分達がそう思っているだけです。
自分の事って客観的に見られないのでそう思えてるだけなんですね。
はたから見れば、
「集まるべくして集まった集団だな」
と言うふうに見えています。
ただ、そう言ことを人は言わないだけなんです。(もめる原因になるから(^_^;)


それから、普通、人は外観で人を認識(決めつけ)をしますね。
綺麗な人、カッコイイ人、優しそうな人、怖そうな人、痩せてる、太っているなど様々ですが、
その外観・容姿を見て、その人がどんな人かを決めるんです。
今までの経験からの記憶にもとづいて。
これが第一印象と言うやつですね。

でもですねぇ、
人はこの外観以外に、その人の波動(周波数)も感じとってるんです。

例えば

(この人、綺麗で優しそうな感じだけど、どこか冷たい感じもするなぁ~)

と言うようにです。

どうでしょう?こう言う経験ありませんか?
で、その後、この第一印象と「正反対の冷たそう」と言う外観とは違う面を、
その人から感じた時に

(やっぱり!そうだったわ!)

みたいな事も経験あると思います。

で、この波動(周波数)を、意識的に認識することで、今までの人間関係に変化を与える事が出来る様になるんです。

どう言う事かと言うと、相手から感じた波動によって、相手との付き合いの距離感を決めれば良いんですね。

個人的な付き合いをするか、団体での行動のみにするかなどです。

でも。会社など、どうしても逃げられない関係の場合はどうすれば良いのかと言うのもありますね。

で。そうい言う場合には、自分自身の波動を変えるんです。


例えば、苦手な上司の場合、あなた自身は上司に対して、

「嫌いだ、苦手だ」

と言う、マイナス波動の周波数を送っている事になります。
外観的には、ニコニコしてなんでも「はい!」と、言われた事をしていますが、波動は真逆のものを送っているんですから、この上司との関係は日々悪化していくのは当然です。

だから、この「嫌いだ、苦手だ」という波動を「愛」の波動に変えて送るんです。
で、この場合の「愛」の波動とは、「判断」しない波動と言う事です。
その上司の良い悪いの判断をしない、簡単に言うなら感情的に付き合わないと言う事です。

なにも彼氏、彼女の様に愛せと言うのではないんです。

あくまで例えですが、「愛」は、プラスの波動の総称です。
判断して人を見ないのは、良い波動の入り口です。
相手を自分の枠内で決めつければ、その人はそういう人になります。
それはあなたが送った波動の周波数を相手が感じとり、その周波数の感情を送り返してきただけなんです。

だから、マイナスの「嫌い」「苦手」と言う判断の波動を送らなないで、
まずはノンジャッジのニュートラルな波動に切り替えて、付き合い方を再構築していけば良いんです。

で、この再構築する時には、当たり前ですが、上司の良い所を見つけるようにします。

些細な事でも良いんです。
人間は、陰陽の法則で動いていますから、どんな人でも必ず良いところは有るはずです。
でも、偏見と言う決めつけが、その良いところを見えない、見ない様にしているんです。

だから、相手ではなく、まずは自分自身の波動、周波数を変える様にするんですね。

人は、他人がいくら言葉巧みに言いくるめようとしても、
そう簡単に変える事はできません。
無理やり自分の意のままに変えようとすれば、必ず反発します。
これが人間関係悪化の原因なんです。

そして、人は自分自身の「気付き」で変化し成長て行くんです。



あと、人は他者から与えられる「もの」よっては、すぐに変わります。

変えようとすれば反発しますが、与えられる「もの」が心地良ければ必ず良い変化が現れるんです。
なんとも現金ですね(^_^;)


で。この変化をもたらす「もの」ですが、
もうお解りですね、プラス系の波動・周波数の感情や思考のことです。


例えば言葉巧みに相手を操作しようとしても、その言葉の裏に隠された波動は隠す事が出来ません。
人は、他人の波動をしっかり感じる事ができるんです。
よく波動感覚が無いと言う人がいますが、どうでしょう?本当にあなたに波動感覚が無いと思いますか?
人間関係を使って見てみると十分あると認識できると思います。

で、少し横道にそれて、他の波動はどう感じたら良いのかです。
神仏、自然、物質などの波動などですが、これも「愛」の波動で感じるんです。
全てを「判断」しないで見るんです。
ただ、これだけです。
判断は、見た物の真実を歪めることがあります。
判断から発展していく「期待」にも要注意です。
期待は、自身の身勝手思いですから、そうならなかった時に「落胆」変わるからです。


ですから、まずはなんでも心を静めて、自身の穏やかな波動に包まれてから感じてみます。
「神の姿が視えろ!」とか、「神秘的な写真のような光が現れて!」
とか言う、「期待」をしないで見るんですね。
くどいですが「期待」は、波動を感じる時には、本当に邪魔者なんです。
と、偉そうに書いている自分も、この「期待」に波動感覚を鈍らされます(^_^;)
そして、「落胆」を味わく事もしばし・・・です(-_-;)


でも、まぁ。焦らず地道にのんびり自分のペースでやっていけば必ず波動感覚は見につきます。
と言うか、身についていることに気が付くと言う方が正しいです。
波動感覚はオプションではく、人間には標準装備された能力なんですから、

ですから。
まずは、波動を身に付ける様と言う誤解を解いていくことが必需なんだと思います。


と、言う事で、少し長くなりましたが、
またも「人間関係」と言うお題から大変それましたが、
全ては、波動で繋がっていますのでお許しを・・・(^_^;)


           END

賀久留神社の茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

先日、賀久留神社の「茅の輪くぐり」に行って来ました。

と、言っても行き当たりばったりのポタリングの途中で・・・


「最近、賀久留様にご挨拶してないなぁ~よし、今日は賀久留様に会いに行こう」

と言う思いつきが良かった様です(これもお導きか・・・^_^)

では、参拝を。


046.jpg
※クリックで大きな画像が出ます


賀久留神社の随身門(ずいじんもん)です。
以前、紹介した山住神社の随身門と同じく歴史と格式を感じさせます。


では、いよいよ随身門をくぐって、お待ちかねの茅の輪くぐりです(^_^;)

が、その前に「茅の輪」のくぐり方です。


015.jpg


これが、この賀久留神社の「茅の輪」のくぐり方です。
と言うのは各神社によって違うようなので・・・


では、いよいよ茅の輪です(^_^;)

014.jpg

どうです?

守護と厄除けのパワーがビンビンです!


この時の参拝者は自分だけでしたので、この良き日に参拝できたことに感謝しつつ、
しばらくこの心地よい一時を堪能する事にしました^^





賀久留様の本殿です。

017.jpg

太古の人々の息吹を感じます。
あらためて写真を見ながら本殿の波動を感じてみると、
がっちりした体格の良い古代人の波動を感じます。


更に思いを寄せると、槍を持って狩りに行くのでしょうか?
凛々しい若者が二人、槍を持って神社を後にするのが見えますが、
この時は、神社ではなく一族の長の住居?と祭事場だったように感じます。


そして、いつもこの賀久留様に参拝して感じるのは、
太古のから、この地は稲作を中心として栄えていたに違いないと感じるんです。
更に、この地が栄えていたと言うのにも理由があります。

ここ浜松には確認されている古墳が、なんと大小合わせて1700基もあるんです。


古墳が1700基ですよ! 1700基!
ちょっと、凄くないですか?
http://www.mai-ca.net/special/032/index.php


もしかすると太古の頃の浜松は、日本の中心的な場所だったの・・・かも(^_^;)




と、さり気ない浜松自慢(^_^;)が、出たところで、賀久留神社の「茅の輪くぐり」の紹介を終わります(^_^)/

占いとは・・・

DSCF8886.jpg


今回のお題は 「占いとは・・・」 です^_^;


このお題を選んだ理由は、TVの占い番組を観ていて「ふと」思ったから・・・^_^;

では、いきます。

「占い」自分は、手相から入りました。

キッカケは、何気に買った手相の本。(この何気が良いんですよね。)

その後、数冊本で勉強。
と言っても、勉強と言える勉強ではなかったですが、意外と当たりました。

で、いつの頃からか、本に書いてないことが口から出て来るようになり・・・

「ん?」

と言う事になりました。(自分の中でです)

例えば、手相を視ていると、その方の祖父母の容姿や恋人の容姿や性格、家系の流れ、好きな場所、好きな事、買い物の仕方、など人それぞれに出て来るのもが違うけど大体こんな感じです。

で、ある本で占いは「神秘の世界」と交信するツールと読みました。

神秘の世界とは、霊界とかアカシックレコードなどのことです。

目に見えない世界からの情報は、人間(思考)の発する言葉と違い「嘘」がありません。
でも、解釈は難しいです^_^;

で、良い事だけ出てくれば良いけど、そうもいかないのが現状です。
何故なら「嘘」がないから^_^;

普通の占いなら、当たりさわりない言い回しで、人をその気させる事ができると思います。

でも、神秘の力が入ると、
例えば、その人を可愛がっていた祖父母様から
「どうしてもこれだけは言ってくれ」
と言われる事があります。

だから。例えそれが例え聞き手の気持ちを暗くさせる事でも、そのまま伝えます。

でも、だからと言って100%伝えるかと言うとそうではありません。

その理由は、聞き手に聞く意思が無いと判断した場合は、祖父母様には申し訳ないですがお断りします(^_^;)


これは、以前実際にあった話ですが、その方を心配して見守っていた祖母様が

「人に尽くせ、自身の利をむさぼるな」

と、言う感じで伝えて来たので、祖母様は人に投資などして損をしてませんでしたか?

と、依頼者に聞くと

「そんな事もあったと思います。」

と言う返事の後に、その方の「心」から

(私は祖母さんみたいにならないぞ!)

と、言う感覚が聞こえたので、お伝えするのを止めにしました。

この方の祖母様は、他人に貢献することを教えたかったのですが、
孫は自分自身の利益しか目にないのがハッキリと解りました。

で。こう言ういわゆる「ケチ」な方は損をするのが大嫌いですから、
よほど痛い目をみるくらいの出来事がなければ意識の変化はありません。
だから何をするにも、自身の利益から計算します。

で。現在、その方がどうなってるかは・・・お察しの通りです。


因みに、祖父母は人徳がありましたが、この方は金の切れ目が縁の切れ目というパターンだと感じました。

これが「人の信頼」の形の典型かもしれません。

と、言うように聞くと言う行為がちゃんと出来ない人には、理解できない事がほとんどです。
聞く耳とは、意識的に聞く事です。
ただ聞くのとは、かなり違います。

で。こう言う人の特徴として、自分自身の行動と言動がバラバラな人に多いです。

言ったことが、最初と最後で入れ替わる。

自分にとって良いことしか聞かない、言わないタイプも同じです。(自我自讃)

全て自分の利から考える。

あと、人の愚痴、悪口を正論のように語るのは本当に厄介です。

特に最後は、自分を正当化する為のつくので厄介です。
この厄介は後で、自分に返って来る事を言います。
「嘘」の代償は必ず本人に返ってきます。
悪口、愚痴も同じです。

で、逆に「真実」も同じ。
他者への心からの褒め言葉や讃美は、必ず良い波動になって返ってきます。
こう言う波動は、心と身体の栄養にもなります。

「嘘」からの波動も心と身体に影響します。
内臓や関節への疾患は序の口で、顔自体が変わる人もいます。
一年で別人のように変わる人もいます。(一年かからないかも・・・)
心と身体は、密接につながっていますから、心のありかたが顔や身体に現れます。


兎に角、良い波動を出す事が、開運の鍵です。
小さな嘘も嘘は嘘、極力避けましょう!

あと、子供だからと言って、ごまかす嘘も危険です。
今の子供達は、精神的に大人より大人です?
ごまかしは効きませんから、下手な嘘をつくと完全に信用を無くしますよ。



今回のまとめ

良い波動とは、「真実」で「嘘」は不の波動の元です。

自身の思考や行動の中に、真実と嘘を混同していないか気をつけましょう!


と、言うことで、
今回は、「真実」と「嘘」のお話しでした(^_^;)




追伸
今回、占いは統計的なものと書きましたが、
全ての占いが統計だけで構成されていると言うわけではありません。
太古の昔から受け継がれた「知恵」が凝縮された占いには、
神秘の技がふんだんに盛り込まれていると感じています。
おみくじなどの大量印刷されてものからもパワーを感じる事もあります。
例えば、A神社で引いたおみくじと、B神社で引いたおみくじが酷似していた時などに神秘の力を感じます。
占い師さんにしても同じだと思います。
やはり本の知識だけでなく神秘の力の作用も必需だと感じます。
今では、講習などにでれば資格などをもらえるようですが、
資格を発行する団体の「レベル」が重要になってくるとも思います。
そもそも全ての資格とは、いったいなんなんだと自分は思いますが・・・



            


プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。