FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘の能力を感じて・・・(編集)

パワーの木


神秘的な能力は、けして自分自身の能力では無い。

自身の力と感じるならば、それは後の不幸を意味する。


エゴと魔物の糧(かて)となるからだ。

特にエゴは、過剰な自信が大好きで、
更に歪んだ解釈で敵を作るのが得意だ。

損得、批判、評価、賛否、認証、などなどetc×2

また、こんなのもそうだ。
褒められたい。認められたい。頼られたい。なども危険な思考である。


そして、これらは低い波動の代表選手だ。


しかし、己の心のスペースを広げなければ、
この手の波動を感知し知覚する事は難しい。


で。広げたければ。
まずは、常に己の波動を感じる事が大切だと思う。


そして、自分の正直な波動を感じる事が出来た時、
次のステップに行けるのだと確信する。


兎に角、良い悪(判断)と言う事を抜きに物事を見つめないと、
偏見と言うエゴの罠にはまり、
自分の周りで起こる全ての出来事の真実から離れてしまうので、
気を付けたい。


スポンサーサイト

事任八幡宮

事任八幡宮。

015.jpg



この神社、今ではPWS(パワースポット)として有名になってしまいました。
自分が知ったのは、神秘の掲示板でT子さんと言う方の投稿からでした。(二年前かな?)

で、その時は、地味だけど木のパワーが満々な神社だなぁ~と言う印象でしたが、
今では、地域全体にそのパワーが有る事が解ります。
そして、この場で生きてきた人々の歴史が、そのパワーの源である事も確かです。

太古の昔からこの場は、神宿る場として神事が行われてきたとも感じます。
場所は、もう少し上に巨石群が有ると聞きましたのでそこだと思いますが、
神社の宮内にもスポット的にエネが集中しています。


特に拝殿の右に「どか!」と立っている「大杉」です。

DSCF8704.jpg

ちょっと、見にくくてすみません。

この日は、事任ファンと三人での参拝でした。
二人は、神秘のお部屋を知らない普通?の人です(^_^;)

最初は、自分のカルトチックな話に半信半疑でしたが、

「この大杉に手をかざすとパワーを感じるよ」

と言って約1mくらいの所で手をかざすように言うと、
一人が1分くらいで感じ始め、もう一人も2・3分くらいで感じ始めました。
でも、実際は宮内に入った時からすでに宮内のエネルギーフィールドですから、
パワーは受けているんです。

でも、意識的に感じる様にすることで、更に体感が増すんです。(人間の五感の誤解)

で、こうなると二人とも楽しくて仕方ないと言う感じです。

これが神社の精霊達には、たまらなく嬉しいようです。

DSCN0270.jpg

癒しのエネを二人にドンドン浴びせてきます。

二人の感情が心地良い波動を出し始めたのが証拠です。

この活きいきとワクワクが混ざったような波動は、
周りの人も巻き込んで空間全体をも明るくします。

子供の様にはしゃぐ二人から、
忘れかけていた何かを思い出させてもらった気分にもなりました(^_^;)



事任八幡宮。
とても素晴らしい神社です。
ただ、最近参拝者が増えた様で、御神木の周りに囲いが出来ていました。
手でさするので、木の皮が剥けてしまうのでしょう。
パワーを感じる場合、直接、木に触れる必要はありません。
2~3m離れていても手をかざせば感じる事は出来ます。
更に言えば、宮内はエネルギータンクみたいなものなので、
要るだけでエネルギーを吸収できますから心配不要です。

兎に角、神社は皆が集う皆の場所です。
「自分だけにエネルギーを」とか
「自分だけが神と繋がっている」などの「「我欲」」にまみれた誤った解釈を持た無い事が必要です。

更に言えば、「類は類」です。
自分自身と似た存在が引き合い結びつきます。
自分を過信せず謙虚に自身を観察する事で、真実を見る力を養う事が出来ます。

だから、他を「批判」「判断」「中傷」をしている自分を見つけたら注意して観察しますしょう。

そして、心をオープンにして参拝する事で、神や精霊を感じやすくなると思いますので、試してみて下さい。

※誤った解釈は誤った存在を呼ぶ原動力となりかねませんので、気を付けましょう!



そして、神、精霊はとても柔らかい波動ですから、
心を静め安らかな気持ち受けるのが大切です。




余談コーナー

今回、参拝後に「勾玉」のお守りを購入したのですが、
鈴の音が心地よく邪気除けのパワーを感じましたよ。







二度目の豊川稲荷

今回は、豊川稲荷、二度目のご紹介です。


豊川稲荷、言わずと知れた金運、開運と言えばのお稲荷様の元締めです。

しかし、豊川稲荷はお寺ですので、仏教のお稲荷様の元締めと言うべきでしょう。

で、神道の方の元締めと言えば、伏見稲荷大社の主祭神の「宇迦之御魂神」(うかのみたま、倉稲魂命とも書く)様と思われるが、自分は以前、伊勢神宮の「豊受大神」が神道系の稲荷の元締めと思い込んでいた。

だが、正直、未だにどなた様が元祖かは解らない(-_-;)

と言うか、元祖も何も神仏様達には関係ないのかもしれないような気がする。
何故なら、誰が一番とか言うのは、人間の考えで、
神仏達が、そんな小さな事で争う様にも思えないから・・・


で、兎に角、豊川稲荷に行って来た話。

何故、お参りに行ったかと言うと、
自分のご先祖様にちょいと関係があると言う事が判明したので、
先祖代々の御礼参りと震災の復興祈願と経済の復活、
そして、お寺ですので震災で亡くなられた方がの供養をお願いして参りました。

で、お参り後に本殿を写真に撮らせて頂くと、

大きな白い光が!写り込んでいました。

でも、光だけではなく複数のエネルギー体も感じます。


005.jpg
※クリックすると大きな画面になります。

どうです?
何か感じませんか?

この写真をUPしたとたんに画面からエネルギーが放出されたような感じがします。

で、残念な事に自分自身が、どんなエネルギーか解らなかったので、
Pさんにお聞きしてみると、

自分の今回のお参りを、豊川稲荷の神仏と眷属達が歓迎してくれているとの事でした。
本当にありがたい事です。

そして、写真をブログ載せても良いとの事でしたので、UPする事にいたしました。

で、更にブログを見て頂いた方々にご利益がありますよう祈願します(^_^)


009.jpg

本殿の全貌です。
とても立派なお屋根が乗っています。
形もエネルギーが四方八方に飛んで行きそうな感じです。
本当に凄い!

011.jpg


鳥居前からの写真です。
この奥行きでも本殿の迫力が伝わってきます。
昔の人達は、ホントに見せ方を知っています。
兎に角、素晴らしい!!!


で、ここで突然のおせっかいな、豊川稲荷お参りのワンポイントを・・・


まず、初めて行く方は、できましたらいきなり全てのお堂にお参りせずに、
山門をくぐってまずは、法堂(はっとう)の千手・千眼観世音菩薩様にお参りをしてから、

002.jpg
法堂↑

その後に本堂の「豊川枳尼真天」様にお参りをするだけにすると良いと思います。



理由は、ちょっと複雑なんで例え話で書きます。


例えば、初めて行く人の家の敷地を、いきなり隅から隅まで見る人はあまりないと思います。
ですので、まず初回は、その家の方に自己紹介をしてから、
次回、ゆっくりとお家を見せて頂くのがと常識かな?という感じです。(あくまで例えです)
でも、遠方から来た方は・・・どうしましょうね(^_^;)
(良識をもってのお参りならOKってことかな?適当ですみませんm(_ _)m


あと、できれば「あれ?」と言う感覚がする所があれば行かない方が良いですね。
これは、そう感じる場所が悪いと言う訳ではなくて、
その人と、その場所との相性みたいなものが有ると思うからです。

兎に角、神社仏閣は特別な場所ですので、礼儀正しくお参りしましょう!

あと、友達など複数で行く時は、参道を横並びに隊列を組んで行くのはご法度です。
これは何故か年配の方に多く見られる光景ですが、本当に迷惑で残念です。(念の為)




では、これで二度目の豊川稲荷、枳尼真天様の紹介を終わります。



遠州一宮 小國神社

DSCN0289.jpg


昨日は、遠州一宮「小國神社」に行ってきた。
祈願は、もちろん震災で亡くなられた方のご冥福と供養、
そして、速やかな復興がおこなわれる事をお願いしてきた。


昨日の小國神社は、とても強いエネルギーで満たされていて、
一緒に行った連れもそれを感じていた様だ。

感覚的には、「ボワ~ン」とする感じで、Purpleさんが言う様に宇宙から降り注がれている感じと、
地面からそれを受け取る様なエネルギーの融合?感があった。

木々達は、それを静かに見守るようにたたずみ。

水は、清らかな流れで答え。

風は、力強く木々を震わせてエネルギーの到来を喜んでいるかのようだった。


参拝の時、叩いた拍手もとても気持ち良く鳴り響き、
この場の空気の清んだ波動に心地よく響いていた。



大国主様も復興に力を貸してくれるよ言う事を感じた。


プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。