FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥居強右衛門

035_20140504065154ab1.jpg

写真は、新城市の長篠城後地の「長篠合戦のぼりまつり」だ。
この長篠の戦いの武功は、織田信長でも家康でもなく、間違いなく鳥居強右衛門(とりいすねえもん)ただ一人だ。

この仲間思いの強右衛門の男意気が分からなかった、信玄亡き後の武田軍の衰退した士気低さが、武田を滅亡させる結果になる。
もし、この時まで、信玄が生きていれば、強右衛門の心意気に打たれ生きたまま入城させた事だろうし、風林火山の旗をなびかせ軍を素早く撤退させたことだろう。
この長篠の合戦、強右衛門ただ一人に、武田軍は敗れたと言っても過言ではない戦だ。


で、この話を簡単に書くと、、、


長篠の武士である強右衛門は、長篠城主・奥平信昌から総大将の家康からの援軍の催促をするよう言われ、城を武田軍に囲まれているにもかかわらず、無事に城を抜け出し浜松の家康の所まで、援軍の催促に行くのである。
そこで、総大将の家康と連合軍総大将の織田信長に会い、信長の援軍を目にしたので、城へ帰ると言うである。
普通、抜け出すのも命からがらなのに、そこへ戻ると言うのだから、家康も信長も驚いて、「我らと共に行けばよい」と、その突飛な行動を止めるのだが、強右衛門は聞こうとしない、更に家康が握り飯を差し出すが、「城で仲間が飯も食えずに武田軍と戦っているのに、自分だけ飯を食う訳にはいかない!」総大将である家康、猛将で知られた信長の申し出を平然と断るのである。
で、この頑固な強右衛門の心意気に打たれた家康、信長は、そのまま強右衛門を城に帰すのだが、飯も食わず歩きづめの強右衛門は、武田軍に捕まるのである。
で、武田軍は、強右衛門から、事の真相を知るのだが、援軍は来ないと城の仲間に嘘をついて士気を下げようとする。
がしかし、一度は承知したように見せた強右衛門は、城の前に連れ出されると、仲間に本当の事を伝えるのであるが、その瞬間、あわてた武田の武士に串刺しにされてしまうのだ。

もし、この時、信玄が生きていれば、この強右衛門の話を聞いて、強右衛門を殺すことなどせず、素早く兵をまとめ撤退の準備に入り、強右衛門の心意気を称え、その場に残し撤退しただろうが、士気の落ちている武田軍は、この強右衛門の心意気も自分達の置かれている状況も分から無いほど盲目になっていたことで、敗退するのである。

自分の命より、仲間の命を優先し、自分を満たすより、仲間(家族)の安堵した顔を見たいと言う強右衛門の生きざまに学ぶ事は、今の人々に大切なモノを思い出させてくれる気がした。


と、簡単に書いたが、詳しくは、山岡荘八の織田信長 全5巻を、是非、読んで欲しい。
涙なくして読めない、この話は、人の心に人との繋がりとは何か?大切なモノは何なのか?と言う、人としての基本理念を教えてくれる。
もちろん、強右衛門の話以外にも、学べる話が多く、戦国の世を舞台に、現代社会に欠けている問題を突き付けている。

で、この日の長篠城跡地は、写真にも写っているが、当時のエネルギー、戦国当時のエネルギーが流れ込んでいて、沸々とパワーが湧いてくる感覚した。

戦国の殺戮の波動ではなく、敵に捕らわれた強右衛門を見た仲間達が、仲間思いの強右衛門から感じた真の友愛の力の波動エネルギーのような気がした。







スポンサーサイト

滝(フォト)


     一番のお気に入りが、この写真です。
(^_^;)  016.jpg
                          



        1001_20120420071154.jpg

               2011_20120420071153.jpg

                                   3020_20120420071152.jpg

       4021_20120420071151.jpg

                          5026_20120420071150.jpg

                               6027_20120420071149.jpg

          7056.jpg

053.jpg


1,ここから滝が始まります。
2,ここは1の反対側からのアングルです。
3,こちらは2の岩の裏側です。
4  同じく
5,滝を横から撮りました。
6,こちらは5を引いて撮ったところ。
7,滝を正面から撮ってみたのですが、迫力がイマイチです(-_-;)
8,シダ?だと思うのですが、なんだかパワフルな感じがします(^_^;)
プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。