FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事乃任八幡宮と阿波々神社


先日、事乃任八幡宮に参拝した時、本宮の祠で玉砂利で何かをしている人々を見かけて、
googlで「事乃任八幡宮、白い石」で検索したところCHIEさんのブログを発見し、納得しました。
http://ameblo.jp/chie-sp-we?frm_id=v.mypage-checklist--profile------chie-sp-we
はじめは、玉砂利を持ち帰っているのかと思ったのですがブログで

「この白い紙でお社の周りにある石たちを3つ磨くんです!」

と、言うことを知りました。

で、更に

「実際お社を前にしたら、その神々しさでお願いごとできなかったです。。」

と書かれていましたが、自分も本宮では、願い事をするより「お礼」を言う方が良いと感じます。

本宮の神様は、太古の神様と言う感じで、現代に対応する神ではないように感じるからです。
更に、この本宮の祠は、入り口と言うか「ここから先は、むやみに立ち入るべからず」的な感じもあります。
ただし、入ったからと言って罰は当たる感じはしませんが、「この場を荒らさない限り」と言う限定付きでです。

昔、ここを治めていた感じの存在の力が、いまだに強く事乃任八幡宮から10㎞ほど離れた山頂に阿波々神社という神社があるのですが、ここは、巨石群があり太古の息吹を感じます。
そして、神仏分離令が出されるまで、修行場であったような気がします。
そして、ここを支点としてかなりの広範囲を治めていたように感じます。

この存在の力は強く、いまだにパワーを維持していますが、道路や高圧線の設置により昔の術の機能に支障が出ているようです。


しかし、事乃任八幡宮に関しては、元々が人好きな神様のようで、優しいお気持ちで人間を迎えてくれているのがありがたいです。
こんな私欲に満ちた我々に、なぜこんなに寛容になれるのか(?)不思議ですが、本当に感謝の一言です。


PS
くれぐれも玉砂利(白い石)は持ち帰らないようお願いします。
スポンサーサイト

謹賀新年

                      DSCF3384.jpg

                   平成28年元旦 事乃任八幡宮


初詣の神社参りで時感じるのは、「願う」より「祈り」の方が、しっくりとした感じがする。

「願い」は欲するから、叶いにくいような気がする。

祈りは、捧げるもの、「捧げる」は=「与える」と同じ事。
「祈り」=「与え」たものは、発した者へと帰ってくる性質あるので、叶いやすい(?)気がする。


だから、祈るなら、慎重に選択したほうが良いと思う。
そして、何に祈るかも、慎重に選択するほうが良いと思う。
さらに、自分が、どんな祈りを選ぶか慎重に観てから、祈るともっと良い気がする。

バオバブの木?

昨日は、静岡の県立美術館に行ってきた。

で、その帰りに、久能山方面の風呂に向かう途中で、凄い木に呼ばれた。

その木は、交差点で、一瞬チラ見しただけでも十分の存在感を感じさせる大木で。
思わず、引き返してみるとにしたのだが、これが本当に凄い大楠だった!

017_20140615080553f5d.jpg

もう、このスペックに唖然とした(・_・;)!本当に素晴らし・・・(涙)

が、このスペック以上に、存在感と表現しがたい独特の波動を感じさせる?と言うか放っている方が、少し気になる。
なぜ、こんなに存在感をアピールするような分厚い波動を放つのか?
今まで見てきた巨木とは、あきらかに異質な波動を放つ、この大楠は、いっいた何を伝えたいのか気になります。
と、言うか、この場所に、なにかしらの仕掛けがあるのかも・・・。

046_201406150805501c3.jpg
※写真をクリックすると、大きな画面で見る事が出来ます。 

この写真で伝わると良いのですが、まず右真横にある家と大楠の高さの違いに驚いて欲しいです。
そして、大楠の真下にある車は、軽トラではなく、普通車サイズのトラックです。
兎に角、デカイ!!!

026_201406150827563c4.jpg 021_201406150827556c7.jpg 022_201406150829302cb.jpg

枝振りも良いし、この木は、宇宙から気を取り込んでいるのではないだろうか?(^_^;)

039_201406150829295b6.jpg

寺内から見た大楠。


最後に、このお寺の紹介をします。

027_201406150805529de.jpg

と言うお寺です^^
っで!ここで、前回紹介した高天神城と出てきたのには、二度びっくりした(・_・;)!
もしかすると、前回の高天神つながりで、今回呼ばれたのかも・・・(^_^;)

028_201406150833393c3.jpg 029_20140615083338626.jpg 031_201406150833367f6.jpg



            END

                                041_2014061508333701b.jpg



巨木の集う細江神社

昨日は、久しぶりに細江神社へ参拝してきた。
039_201406020736058aa.jpg


この神社は、明応7年(1498年)8月25日の大地震のときの大津波で流出し現在の場所に落ち着くのだが、詳しいことはウィキペディアで細江神社で検索すると出きます。

で、この大地震により、地震の厄除けの神社としての信仰がたかまり、3.11の東北地方太平洋沖地震の時には、多くの人達が、これ以上大きな地震が来ないよう祈願していたと思います。


で、昨日は、全国的な猛暑日と報道されていたが、この細江神社は、巨木達のおかげで程よい気温に保たれていた。


兎に角、巨木が集うこの神社、樹齢500年と言われる楠(くすのき)は、本当に圧巻だ!
011_20140602073609c3d.jpg 012_20140602073607027.jpg
有名なのは、この↑写真の夫婦楠だが、自分的には、その手前(下の写真)の独身楠(^_^;)の方が、根元周りの力強さと、そこから放たれるパワーの方が好きだ^^
014_2014060207360672c.jpg
※クリックで大きな画面になります



あと、本殿から向かって右にある藺草神社の前の大楠は、大蛇と大蝙蝠が、その楠のムロで決闘を行ったと言われている。
で、その時の決闘の血の跡が残っているということで、この楠も人気だが、自分は、本殿と藺草神社の間にひっそり佇んでいるこの↓木達が気になる^^
033_201406020748520f5.jpg
大きさ的に、巨木とは言えないが、なんというか本殿を守るように、なにげないけな気な感じが良いです。


それから、この季節の参道は本当にパワフルです。
この↓写真は、本殿から撮りました。
029_201406020748491a6.jpg

で、こちらが鳥居側からです
016_20140602080021020.jpg

どちらかと言うと、自分は、本殿から見る参道が好きです。
エネルギーも本殿から「スー」と、流れていますし、是非この景色を見ながらエネルギーチャージして欲しいです。

あと、ここも良いです。
042_2014060417332385e.jpg

この写真は、夫婦楠の裏側ですが、ここはまた違う波動があります。
少し人為的な感じがするので、祈祷場だったのかもしれませんが、良いエネルギーが停滞しています。

この木も良いです。
038_2014060208044442f.jpg
不思議な形ですが、力強さを感じます。

ご神木です
036_20140602080446784.jpg
立派な根を張っています。
この根は、地中でどんな風になっているのか気になります(^_^;)
もしかすると、地中の方が凄いことになってるかも・・・。


と、いうことで、久しぶりの細江神社をガッツリ堪能しエネルギー補給してきましたのですが、
このひっそりとしている細江様を信仰する人々は多く、この日も夫婦や親子での参拝者も見かけましたし、写真を撮りに来ている人などもいて、マニアックな神社だと思っていたんですが、なかなか人気のある神社のようですね(^_^;)



                            おしまい。

おまけフォト
023_20140602074850a4c.jpg
024_201406020748513b8.jpg
夫婦楠です。なんとか全体を撮りたかったので、二枚に分けましたが、上手くいきました(^_^;)



037_20140602080445a75.jpg 018_20140602082235b74.jpg 009_20140602082236cfd.jpg 010_20140602082237e67.jpg



事乃任八幡宮

041_2014041309410670c.jpg   055_20140413094103b7a.jpg
#1                  #2


※クリックで大画面


久しぶりに、掛川市に鎮座する事乃任八幡宮に参拝して来た。

ここ数年のパワスポブームで、参拝客も増加し周辺もかなり整備され、駐車場も増え参拝しやすくなったのは、本当にありがたい。


初参拝当時は、八幡に入る道が細く、駐車スペースも少なかったが、パワスポマニアは結構いたなぁ。


で、この八幡のパワスポだが、一般には、写真の「大楠(#1)」か本殿の右横の「大杉(#2)」だが、
自分的には、この(#3)場所↓にパワーを感じる。

066_20140413094102903.jpg
#3

エネルギーの流れは、三角形のような感じで、ここから大楠→拝殿→稲荷社を介して、
この場所に戻る感じで、下の図でみると、稲荷社向かいの木が二本ある場所が#3にあたる。

kedaiannai.jpg


エネルギーの種類としては、精神浄化系で、邪心とか煩悩を気付かせ自己浄化を促す感じがする。


素直な心で自分を見つめ、欲心を捨て、利己的な考えを手放すことで、心身が浄化され清々しい気持ちに浸ることができ、祈願の内容も利己的なモノから、利他的なモノへと変化するかもしれません。

そして、なにより利己より利他の方が、神仏も動きやすいと思います。

と言うのは、限定された利己的願望より、利他的な祈願は、この八幡に参拝する人々の祈願エネルギーが連結?して、一つの動線?になって動き出すような気がします。
で、この流れは、この社だけという限定ではなく、どの神社仏閣にも言えると思います。


なので、この日は、まずこの場所#3からスタートで、深呼吸などして心を落ち着けプチ瞑想して、手水で手口を清め→拝殿にて祈願し→大杉に挨拶→各社に参拝→#3で一休みしながらエネルギーを吸収してきました。


あと、ご神木などは、崇めるように拍手や拝礼するより、もっとフレンドリーに接する方が木々達は嬉しいように感じます。
とは言え、あまり触り過ぎると、皮がむけてしまうので肉体で触れるより、自分の霊体をイメージして、1~2mくらい離れた場所から触れるのも良いと思います。

実際は、波動を感じるのに距離は関係ないけど、最初は近くから始めるとイメージしやすいかもしれない。

兎に角、偶像崇拝的な崇め方は、利己的で良い波動を出さないし、木々に限らず自然は好まないと感じた。




                                    END



ホントに大きく立派な楠だなぁ~。
               051_20140413094104764.jpg

あけましておめでとうございます。


005_20130103074605.jpg


あけましておめでとうございます。



本年も本題から脱線しながら、誤字脱字満載で好き勝手を、書かせて頂きますが、宜しくお願い致しますm(_ _)m

奈良&京都 おまけフォト

という事で、奈良&京都シリーズの〆は、おまけフォトです(^_^;)
ホントに申し訳ない紹介でしたが、また次回がありましたら、
もっと裏の京都みたいなものを紹介できたらと思いますm(_ _)m

ただ、自分的には。
今回、今までTVなどで見ていた京都と、自分の想像と違う京都を感じたことは、一つの収穫でした。

簡単に言うと、現代の人々の波動の強さが凄すぎて、過去の波動を覆い隠してしまっている?
と言う感じです^^が、ちょっと、説明するのが難しいので、またの機会にじっくり・・・(^_^;)


        



 293_201309011552550be.jpg 334.jpg
東大寺

                358.jpg 368_20130901155252c92.jpg
                 東大寺



456.jpg
二月堂の石段の結界図?


481.jpg 490.jpg
奈良公園の鹿


             515.jpg
           春日大社鳥居 社内な撮影禁止の為これまで(-_-;)



551.jpg
東寺の五重塔

593.jpg
三十三間堂 堂内撮影禁止の為外観だけで(-_-;)



626.jpg
清水寺手前の気になった昭和的なマンション

715.jpg 774.jpg 787.jpg
清水と建仁寺

          822.jpg         824.jpg
建仁寺近くの禅居庵 摩利支天堂(亥年なんで・・・(^_^;))



833.jpg 837.jpg 850.jpg
法観寺 TVでよく観る八坂の塔と、魔除けの閻魔さん?

    

           852.jpg 856.jpg 844.jpg  854.jpg
産寧坂(三年坂)





861.jpg 870.jpg 872.jpg
八坂神社


879.jpg
鴨川沿いの有名らしいビアフォールの『東華菜館』と町並み
今度は、ここでbeerだな!


901.jpg
晴明神社
晴明の式神の波動や結界を感じられると思ったのだが・・・(^_^;)




  


東寺

二月堂の次は、またまた京都に戻って「東寺」です(^_^;)

西にあるのに、どうして東寺か?なにを基準に「東の寺」なのか?

ウィキペディアによると。

8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」という2つの寺院の建立が計画された。
これら2つの寺院は、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であった。

と、いうことです。


東西に王城鎮護の寺を配置していた平安京時代は、今では考えられないほど「珍妙」な術が使用されていた時代に、守護の要的要素をもって建てられた東西の寺が今は一つしかないのはなぜか?
一説には守護者(スポンサー)がいなかったと言われていますが、本当にそうなのだろうか?

陰陽師により、結界を張り巡らし、要所の建物には必要な術が仕掛けられ、意味もなく建てられてとは到底思えないのに、なぜ東西に建てられたお寺の片方が無くても良しとされたのか・・・?
ここに、大きな霊界、神界、仏界、妖怪達との因縁があるように思うし、現代社会に与えている影響があるような・・・。

まぁ、兎に角、自分の平安と言う時代のイメージは、このように奇奇怪怪で数奇な時代と言う感じだ(^_^;)


でもって、夜な夜な、妖怪や妖獣が徘徊し、人々の霊から生霊の類までが横行し、
時に百鬼夜行という集団と化して街を練り歩き人々を恐怖に落し入れた妖怪達がいた時代が平安時代!
さぞや楽しい時代だったのではないかと、想像してしまう。

で。それだけ奇妙で奇怪な時代に活躍したのが、自分の好きな役行者や陰陽師で有名な晴明と言うスーパースター達、または名も無いが神通力を身に憑けた神官や、仏と交信し仏力を自在に操るお坊様達だ!
(が、なぜ妖怪は人を襲うのか・・・?本当に襲って来たのか?と言う疑問を感じる)

でも、なぜ?、要所に寺社を建て神仏の加護を祈祷し、神通力を持った神官達の祈りで守護し、その両者の良いとこ取りで、神仏融合をし更に強力な力を創りだした陰陽師が、この平安京に結界を張り巡らし守ろうとしたモノとは、いったいなんだったにのだろうか?

京都と言うこの地には、なにが仕込まれているのか?いや、封印されているのか?

などと言う、妄想は、こへんにして・・・(^_^;)

東寺の紹介です。



南大門です。
521.jpg    524.jpg
実際に見ると、どっしりした造りに圧倒されます。
彫り物も質素な感じですが、職人の気が入っているような気がします。
が、しかし、この南大門、実は消失した為に平安遷都1100年記念として、三十三間道の西門を移築したもので、
慶長6年に建てられた八脚門だそうです。
それでも、400年以上の歴史が染み込んでいるのですから、近代に建てかえられた建造物とは、波動が違います。



金堂です。
十二神将に守護された薬師如来像が安置されています。
南大門をくぐると現れる、この金堂の圧倒的な存在感は、本当に気持ちが良いです。
兎に角、大きいし、「グッ!」と迫るものがあります。
こう言う感覚が「波動」ですね。
525.jpg 528.jpg 529.jpg
532.jpg 533.jpg
ただ、残念なのは、堂内の撮影が禁止されてること・・・(-_-;)
まぁ、古いモノだし当然なのかもしれないが、ちと淋しぃ。


で、こちらも写真は無いが講堂の立体曼荼羅は、本当に圧巻だ。
大日如来をはじめとする五知如来・五大菩薩・五大明王、そして五大如来菩薩明王を取り囲むように配置される仏教の天部の仏神 梵天・帝釈天・毘沙門天・広目天・持国天・増長天、達の優美な勇姿が素晴らしい!
特に、東寺の帝釈天は、本当に美しい!!!
PCで検索すれば画像は見る事ができるが、やはり生の帝釈天は是非!見てほしい仏像の一つです(^_^;)




五重塔です。
527.jpg
こちらは、南大門から見た画です。




で、南大門からぐるりと回って、拝観料を払うと講堂・金堂・五重塔が拝観できます。
557.jpg

こういう大きな建物の迫力は写真だと、本当に伝わりにくい(-_-;)






565.jpg 

なんとか伝えたくて、真下から撮ってみました(^_^;)




567.jpg 

この鬼神?邪鬼?は、一階?一重の角に挟まって?います。

で、この邪鬼は、確か建物が倒壊しないように、この部分に挟んで?封じ込めることにより、
邪鬼自身がつぶされないように踏ん張るので、建物が倒壊せず、更に他の邪鬼から守られると、読んだことがあります。

当時の人々のこう言う発想と言うか創造力って、本当に凄いですね!

で、自分は、こういう「けな気」な邪鬼の姿が、大好きで建物を見る時は必ず角を見て探しています(^_^;)




591.jpg

で、やはり五重塔は、この構図が一番かな?(^_^;)
木々や他の建物が比較対象になり、塔の高さや色、形が際立ちますね。





と、自己マンの写真を紹介したところで、またも妄想満載でしたが、東寺の紹介を終わります。


二月堂

ちょっと、前後しちゃいますが、今回は奈良東大寺の二月堂です(^_^;)
二日で1000枚近く写真を撮ったので、整理しているうちにどれが奈良でどこが京都か、分からなくなってしまい前後します(-_-;)
でも、京都&奈良は、解説する必要が無いくらい紹介されてますから、今回も写真だけのご紹介です(^_^;)

東大寺HP↓
http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/index.html



二月堂。
400.jpg



このアングルが、好きです^^
403.jpg 405_20130830182602855.jpg
                   本当に、綺麗な建物です。




石段を登り切ったあとの演出が良い!
406.jpg 411.jpg 412_20130830182559219.jpg
                                   ここからの景色が良いんです。


419.jpg 425_20130830182813ddd.jpg
こういう、細かな装飾品?が・・・GOOD!




この屋根つきの石段も良いですねぇ~。
429_20130830182811423.jpg 416_20130831093547340.jpg 433.jpg
この石段の角度、現代の軟弱人からはクレームが出そうです(-_-;)






430_20130830182810fae.jpg
ここは、清らかで涼めました(^_^;)




京都 Part2 建仁寺

京都 Part2は、建仁寺です。

双龍図で、有名なお寺です。
平成14年(2002)に建仁寺創建800年を記念して、日本画家の小泉淳作画伯が約2年の歳月をかけて画かれ、その大きさは畳108畳にも及び、壮大な水墨画となりました。
そして、ただ大きいのでなく、現代モノとは思えないほどの迫力を感じます。




では、建仁寺のご紹介です。


本坊の入口を抜けると、まず最初に「風神」と「雷神」がお出迎えです。

759.jpg

金箔張りのゴージャスで迫力ある、この屏風画、とても素晴らしいのですが、
残念ながら高画質のコピーです(^_^;)
でも、「コピーです」と言われなければ本物と思えるほどの出来栄えです!


お次は、襖絵です。

765.jpg

安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した言う「海北友松」の作だそうです。

ウィキペディアより
----------------------------------------------------------------------------
海北 友松(かいほう ゆうしょう、天文2年(1533年) - 慶長20年6月2日(1615年6月27日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師。海北派の始祖。姓は源氏、友松は字。近江(現在の滋賀県)の湖北地区に生まれる。名ははじめ「友徳」。「紹益」とも。「如切斎」「有景斎」などと号した。子に同じく絵師の海北友雪。

浅井氏家臣・海北綱親の五男として生まれる(三男説もあり)。天文4年に父が戦死したのを切っ掛けに禅門に入り、京の東福寺で修行。このときに狩野派を学んだらしい。師匠は狩野元信とも狩野永徳ともいわれているがはっきりしない。天正元年(1573年)に浅井氏が滅亡し兄達も討ち死にしたのち、還俗し海北家の再興をめざしたが、豊臣秀吉に画才を認められたことから武門を去り、晩年は画業に専念した。
----------------------------------------------------------------------------
という凄い絵師だそう(^_^;)です。

で、この「龍」なんとなく、人をモデルに画かれたような感じがしてなりません。
で、モデルは、高齢な高僧で、龍のように鋭い眼光を放ちつつ、静かな心でこの世を見据えられるような人物像が浮かびます。


『大雄苑』と名付けられた枯山水の禅庭です。

766.jpg  769.jpg

本当に、当時の日本人は見せ方が上手いです。
と言うか、この演出の裏に「細心の注意」を感じます。
ここに訪れた人々の格式の高さが、この演出と質感を造りあげたのかもしれません。




では、いよいよ「双龍図」です。

785.jpg  788.jpg 792.jpg

まず眼に入いったのは、龍の口が示す「阿吽」です。
「あ」から始まり「ん」で、終わるこの「阿吽」は、「始まり」と「終わり」を示し、
宇宙の始まりと終わりを表す言葉として使われることもあります。
また「阿吽」は、神社の狛犬にも使われていますし、「阿吽の呼吸」という言葉は、人とは呼吸により繋がっている事を何げに指しています。
また、この「阿吽」は、もともとサンスクリット語で仏教伝来ですが、陰陽道でも使われ「神仏混合」の考えの元となり、安部晴明も神仏混合の式神を使っていたと言う記述があります。
兎に角、この「阿吽」「あ・ん」と言う二文字で、壮大な宇宙観まで表現してしまう太古の人々の感性は凄すぎです。
そして、この「双龍図」を画いた小泉淳作 画伯の感性も凄い!
自分は、この龍を見て「阿吽」の次に「鱗が凄い!」と感じました。
この龍の鱗が自分には、「葉っぱ」に見えて仕方がなくて、「ふと」思い浮かんだのが「自然神」。
一般的な「龍」と言う想像上の聖獣ではなく、自然神(自然霊)の化身として描かれているように感じるんです。
で、この「自然神(霊)」は、この世の全てのモノには神が宿ると言う、「八百万の神(やおよろずのかみ)」という日本古来の考えに基づいているのではないか?と、いう創造をしながら見ていました(^_^;)



と、得意の空想能書きが出たところで、京都Part2建仁寺の紹介を終わります(-_-;)


あと、この「建仁寺」の見所は、まだまだ沢山あります。
建物も中庭も本当素晴らしし、何より空間、間取りのとり方など、本当に洗練されて素晴らしいです!
が、しかし、私の写真ではその素晴らしさが半減する恐れがありますので、
今回の「建仁寺」は、この辺で〆たいと思います(^_^;)


                       END





803.jpg

プロフィール

kodama

Author:kodama
思った事を、感じたままに書いていますので、言葉に語弊を感じるかもしれませんが、
あらかじめご了承下さい。

※書いた記事は、途中で編集することが、多々あります(・_・;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。